MEDIFAX webトップ > 寄稿 > “令和時代”の医療と介護―地域や現場から考える

寄稿 “令和時代”の医療と介護―地域や現場から考える

 
今村 知明(奈良県立医科大学教授)

1988年関西医科大卒業、東京大大学院医学系研究科を修了後、厚生省入省。文部省学校健康教育課、佐世保市保健所長、厚生労働省エイズ結核感染症課課長補佐などを歴任、2003年退職。
東京大医学部准教授・同付属病院企画経営部長を経て2007年より奈良県立医科大学教授。現在、厚生労働省の社会保障審議会専門委員、医療計画の見直し等に関する検討会委員などを務めている。
モットーは、「現実を正確に知りたい、それを社会に正論として還元したい」

特集・連載 一覧

 国立大学病院長会議の山本修一会長(千葉大医学部付属病院長)は11日のプレスセミナーで、厚生労働省が発出した「医師の研鑽に係る労働時間に関する考え方」の通知について、「大学病院では助教以上(教員)には ...続き

 参院選鹿児島選挙区で6期目を目指す自民党の尾辻秀久元厚生労働相は12日、鹿児島市内で総決起大会を開き、日本は「人生100年時代」を迎えたとして、「社会保障を徹底して充実させなければいけない」と力を込 ...続き

 全国自治体病院協議会の小熊豊会長は10日の会見で、今月3日の日本医師会との懇談の場で、総合診療専門医のサブスペシャルティ領域に関する考え方を提案したことを報告した。全自病としては総合診療専門医のサブ ...続き

 中医協総会(会長=田辺国昭・東京大大学院教授)は10日、2020年度診療報酬改定に向けて地域医療構想などを含めた地域づくり・まちづくりにおける医療の在り方をテーマに議論を進めた。地域医療構想と診療報 ...続き