MEDIFAX webトップ > 寄稿 > “令和時代”の医療と介護―地域や現場から考える

寄稿 “令和時代”の医療と介護―地域や現場から考える

 
今村 知明(奈良県立医科大学教授)

1988年関西医科大卒業、東京大大学院医学系研究科を修了後、厚生省入省。文部省学校健康教育課、佐世保市保健所長、厚生労働省エイズ結核感染症課課長補佐などを歴任、2003年退職。
東京大医学部准教授・同付属病院企画経営部長を経て2007年より奈良県立医科大学教授。現在、厚生労働省の社会保障審議会専門委員、医療計画の見直し等に関する検討会委員などを務めている。
モットーは、「現実を正確に知りたい、それを社会に正論として還元したい」

特集・連載 一覧

 厚生労働省の医政局・健康局は15日付の事務連絡で、特例的に認めた歯科医師による新型コロナウイルスワクチンの注射について、職域接種の会場でも可能だとの見解を示した。職域接種について自治体から委託を受け ...続き

 全国医学部長病院長会議(AJMC)は28日の定例社員総会で、会内の「医師の働き方改革検討委員会」と「地域の医療及び医師養成の在り方に関する委員会」の改編、設置について了承した。この日は役員改選はなか ...続き