政府の新型コロナウイルス感染症対策本部(本部長=岸田文雄首相)は15日、次のコロナ感染拡大に備えた対策について、全体像の骨格を示した。感染力が仮に今夏の2倍になっても対応できる体制を整えることが大きな柱で、医療機関には入院患者受け入れの「2割増強」を要請する。そのための病床確保に向け、従来よりも公立公的病院への働き掛けを強める。加えてITを活用し、医療体制の稼働状況を徹底的に「見える化」する方針 ...続き
10月15日 22:43

主要記事

 堀内詔子ワクチン接種推進担当相は15日、新型コロナウイルスワクチンの3回目接種に向け、米ファイザーのワクチン「コミナティ」を計412万回分、都道府県に配送すると発表した。2回目接種から約8 ...続き
10月16日 0:16
 厚生労働省の厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会と薬事・食品衛生審議会薬事分科会医薬品等安全対策部会安全対策調査会は15日に合同会議を開き、10代と20代の若い男性に対する ...続き
10月15日 22:18
 中医協・費用対効果評価専門部会は15日、制度見直しに関する論点のうち価格調整方法や分析体制の在り方について議論し、出席委員から厚生労働省の提案内容に異論は出なかった。●企業分析期間の超過、 ...続き
10月15日 18:52
 山際大志郎経済再生担当相は15日の会見で、「健康危機管理庁」設立の検討は、新型コロナウイルスの次の感染拡大に向けた取り組みの全体像を示した後になるとの認識を示した。 岸田文雄首相は自民党総 ...続き
10月15日 16:08

特集・連載 一覧

 堀内詔子ワクチン接種推進担当相は15日、新型コロナウイルスワクチンの3回目接種に向け、米ファイザーのワクチン「コミナティ」を計412万回分、都道府県に配送すると発表した。2回目接種から約8カ月後に接 ...続き

 中医協総会(会長=小塩隆士・一橋大経済研究所教授)は13日、2022年度診療報酬改定に向けた2巡目の議論を開始し、今後の需要拡大が見込まれる在宅医療をテーマに取り上げた。厚生労働省は、在宅時医学総合 ...続き

 厚生労働省は14日の「医師の働き方改革の推進に関する検討会」(座長=遠藤久夫・学習院大経済学部長)に、C-2水準の対象分野の考え方や、技能等に関する審査の運用について方針案を示した。案は了承されたが ...続き

 与野党各党は14日までに、衆院選挙へ臨むに当たっての公約や政策集を発表した。診療報酬に関する記載では、新型コロナウイルス感染症の影響などを踏まえた改定を実施するといった表現が目立つ。●自民、コロナ対 ...続き

寄稿 一覧

この国の医療のかたち

尾形 裕也

第90回 医療におけるミクロとマクロ、あるいは「合成の誤謬」について

●ミクロとマクロ 経済学等でよく使われる概念に「ミクロ」と「マクロ」という言葉があります。「ミクロ」、すなわちmicroですから本来は「マイクロ」と言うべきなのでしょうが(「マイクロソフト社」と言いま ...続き

カテゴリ

行政 一覧

国会・政党 一覧

団体・学会 一覧

地域 一覧

企業 一覧

特集・連載 一覧