日本老年薬学会は17日の会見で、高齢者施設での服薬簡素化に関する提言を発表した。服薬は、施設職員が多い昼の時間帯の1回にまとめることが望ましいとし、簡素化に向けたフローチャートを示した。発表した丸岡弘治氏(介護老人保健施設横浜あおばの里・薬局長)は、入居者と施設職員双方にメリットがあり、入院中や在宅の患者にも適する場合があると述べた。 提言は日本老年医学会と全国老人保健施設協会の協力の下で作成し ...続き
11:54

主要記事

 小林製薬の紅麹を使ったサプリメントの健康被害問題で、19日までに医療機関を受診した人は延べ1594人となり、16日時点から7人増えた。入院治療を要した人(退院者を含む)は延べ276人で、変 ...続き
15:41
 経団連は20日、大手企業の2024年春闘の回答・妥結状況(第1回集計、16業種89社)を公表した。定期昇給を含む月例賃金の引き上げ率は5.58%(1万9480円)と、前年(3.91%、1万 ...続き
15:34
 鎖国下の江戸時代、日本に近代医学を広めたドイツ人医師シーボルトが山口県萩市の商人に贈った英国製ピアノが熊谷美術館(同市)に残っている。国内に現存する最古のピアノといわれ、4月に同市の文化財 ...続き
15:33
 能登半島地震で被害が大きかった地域は高齢化率が約5割と高水準だ。トイレの付き添いや入浴介助など介護ケアの需要は高く、自身が被災しながら働き続けてきた看護師や介護士は多い。支援に入った山岸暁 ...続き
11:50

特集・連載 一覧

 2024年度診療報酬改定が施行となる6月に合わせ、東京大病院(1226床)は、入院料通則で要件化される「身体的拘束最小化チーム」の設置を目指している。1年間の経過措置があるが、これまでの看護師を中心 ...続き

 能登半島地震で被害が大きかった地域は高齢化率が約5割と高水準だ。トイレの付き添いや入浴介助など介護ケアの需要は高く、自身が被災しながら働き続けてきた看護師や介護士は多い。支援に入った山岸暁美慶応大講 ...続き

寄稿 一覧

この国の医療のかたち

尾形 裕也

第121回 認識ギャップ及び長期推計のあり方をめぐって

●認識ギャップの話 私も「古希」を超えてはや2年、文字通り馬齢を重ねてきているのは赤面の至りです。最近むやみに中・高・大学時代の友人との集まりが多いのは、もちろんコロナ禍が一段落したということもありま ...続き

カテゴリ

行政 一覧

国会・政党 一覧

団体・学会 一覧

地域 一覧

企業 一覧