国立成育医療研究センターは28日、新型コロナによる2020~22年のパンデミック期間中、「小児の肥満」が増加した、との調査結果を公表した。コロナ禍の環境変化が影響した可能性があるが、パンデミック以外の影響を排除できないため、因果関係は直接断定できない、としている。 調査は、社会医学研究部臨床疫学・ヘルスサービス研究室の大久保祐輔室長らの研究チームが実施。小・中学生約40万人の学校健診情報を使用し ...続き
15:53

主要記事

 自民党の合同会議は28日、医療情報の利活用とゲノム医療の推進に向けた提言を了承した。医療データの収集量を増やすため、データを提供する医療機関に対し、費用面の支援をすべきだと主張している。「 ...続き
18:25
 小林製薬の紅麹を使ったサプリメントの健康被害問題で、27日までに入院治療を要した人(退院者を含む)は延べ281人となり、前日から1人増えた。医療機関を受診した人は1607人となり、1人増え ...続き
18:04
 武見敬三厚生労働相は28日の記者会見で、65歳以上とされることが多い高齢者の定義を5歳延ばすことを検討すべきだとした経済財政諮問会議の民間議員の提言を否定した。定義の見直しを「考えていない ...続き
15:29
 武見敬三厚生労働相は28日の閣議後会見で、「ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)」の拠点となる「ナレッジ・ハブ」の設置場所が、「東京エリア」になると説明した。世界保健機関(WHO)と ...続き
11:55

特集・連載 一覧

 日本病院会が25日に開いた社員総会で、相澤孝夫会長は、2024年度診療報酬改定に向けた入院基本料引き上げの要望活動を振り返り、「要望を実現するには『数は力』ということを痛感した」と語った。「何かを要 ...続き

 石川県医師会の安田健二会長は本紙の取材で、能登半島地震でのJMAT(日本医師会災害医療チーム)活動について、「日医、都道府県医師会、郡市区医師会の存在を、これほど心強く思ったことはなかった」と、支援 ...続き

寄稿 一覧

この国の医療のかたち

尾形 裕也

第121回 認識ギャップ及び長期推計のあり方をめぐって

●認識ギャップの話 私も「古希」を超えてはや2年、文字通り馬齢を重ねてきているのは赤面の至りです。最近むやみに中・高・大学時代の友人との集まりが多いのは、もちろんコロナ禍が一段落したということもありま ...続き

カテゴリ

行政 一覧

国会・政党 一覧

団体・学会 一覧

地域 一覧

企業 一覧