8月11日付で就任した厚生労働省保険局の井内努医療課長は本紙の単独取材に応じ、新型コロナウイルス感染症の影響を含め医療現場の実態把握が、2022年度診療報酬改定に向けた「エビデンスに基づく改定論議」を支える根幹になると強調し、中医協関係者らと認識を共有しながら改定作業を進めていく考えを示した。入院医療調査などの結果を総合的に判断することで、入院基本料のさらなる精緻化や、コロナ禍での診療報酬体系の ...続き
9月28日 14:30

主要記事

 厚生労働省の新型コロナウイルス感染症対策アドバイザリーボードの「感染者情報の活用のあり方に関するワーキンググループ(WG)」は28日、新型コロナウイルス感染者等情報把握・管理支援システム( ...続き
9月28日 17:58
 厚生労働省医政局は2021年度予算概算要求で、対前年度当初予算比0.7%増の2247億8500万円を求める。それに加え、新型コロナウイルス感染症への対応など緊要な経費を事項要求する。同感染 ...続き
9月28日 17:46
 全日本病院協会は26日の理事会・常任理事会で、新型コロナウイルスの感染拡大で病院の健診受診者数が大幅に減少し、疾病の早期発見に影響を及ぼすとして、会員病院とともに健診を促す「Go To 健 ...続き
9月28日 13:26
 日本医師会の横倉義武名誉会長は26日、大阪市で開かれた平成医政塾で、4期8年を務めた日医会長時代について講演した。社会保障に関する政策決定に当たってどのように活動したかなどを語り、政策は官 ...続き
9月28日 12:46

特集・連載 一覧

 厚生労働省は4日、今冬のインフルエンザ流行に備えた医療提供体制を10月中に整備するよう求める事務連絡を都道府県などに発出した。かかりつけ医など身近な医療機関で発熱患者に対応するため、がんセンターや透 ...続き

 厚生労働省の新型コロナウイルス感染症対策アドバイザリーボードの「感染者情報の活用のあり方に関するワーキンググループ(WG)」は28日、新型コロナウイルス感染者等情報把握・管理支援システム(HER-S ...続き

 日本専門医機構は23日、40人を定員とする新たな臨床研究医コースの2021年度専攻医募集を開始した。基本診療領域19領域・123コースから同コースの研修を目指す専攻医が選択する。専門医機構は今回の募 ...続き

 四病院団体協議会の「病院医師の働き方検討委員会」は2日、厚生労働省が実施した「2019年医師の勤務実態調査」(新10万人調査)の結果を踏まえて議論した。調査から、病院常勤医の時間外労働の上位10%に ...続き

寄稿 一覧

“令和時代”の医療と介護―地域や現場から考える

今村 知明(奈良県立医科大学教授)

第11回 厳しい目で見守られている保険診療の仕組み1  皆さんが「医療監査」って呼んでいるものは、本当に監査ですか?

●適正な保険診療を行うための行政からのアプローチ 「指導」や「立入検査」。一見ヒヤッとする言葉だが、みなさんが勤める病院や診療所でも行政による「指導」や「立入検査」を受けた経験がある方が多いはずだ。こ ...続き

カテゴリ

行政 一覧

国会・政党 一覧

団体・学会 一覧

地域 一覧

企業 一覧

特集・連載 一覧