救急救命士でつくる職能団体の「日本救急救命士会」(JELSTA)が、23日にも発足する。最初の会長に就任する喜熨斗智也(きのし・ともや)氏(国士舘大体育学部スポーツ医科学科准教授)は本紙の取材で、これまで公務員の救急救命士が所属する職能団体がなかったと説明。「消防機関、医療機関、海上保安庁など、幅広い立場の救急救命士を一つにして代表できる職能団体が必要だ」と力を込めた。 会の設立に向け、「全国救 ...続き
4:30

主要記事

 小林製薬の「紅麹」を使ったサプリメントの健康被害が、大きな社会問題に発展している。入院治療を要した人や、医療機関を受診した人の数は一定数に上っており、問題の深刻さがうかがえる。 サプリ摂取 ...続き
5:00
 「日本救急救命士会」の会長に就く喜熨斗智也氏は本紙の取材で、救急救命処置の在り方に問題意識を示し、必要な制度改正を目指していく姿勢を示した。「会として、まずは救急救命士の自立と自律を確立し ...続き
4:30
 設立に向けて準備している職能団体の「日本救急救命士会」は17日(水)午後6時半から、オンラインで説明会を開く。設立の目的や経緯、現状について報告する。参加登録などは、会のホームページを参照 ...続き
4:30
 小林製薬の紅麹を使用したサプリメントの健康被害問題で、14日までに入院治療を要した人(退院者を含む)は延べ231人、医療機関で受診した人は延べ1381人となった。同社への相談は、延べ7万9 ...続き
4月15日 21:12

特集・連載 一覧

 厚生労働省保険局医療課は12日付の事務連絡で、2024年度診療報酬改定について、疑義解釈(その2)を示した。 医療DX推進体制整備加算では、電子処方箋の発行体制の施設基準について説明。加算の届け出時 ...続き

 能登半島地震で避難生活が長引く中、生理用品の不足や性被害が懸念される女性への支援を民間団体や医師らが続けている。避難中は性別役割分業の圧力が強まりがちで、食事の準備などで女性の負担がより大きくなると ...続き

寄稿 一覧

この国の医療のかたち

尾形 裕也

第119回 パリ、ジュネーヴ及び医療需要をめぐって

●パリ、ジュネーヴ この連載ですでに触れたことがあると思いますが、私がこれまでの人生で一定期間居住したことのある海外の都市は、パリとジュネーヴの2箇所です。パリは1981年から1983年の2年間、ジュ ...続き

カテゴリ

行政 一覧

国会・政党 一覧

団体・学会 一覧

地域 一覧

企業 一覧