中医協総会(会長=小塩隆士・一橋大経済研究所教授)は28日、2022年度診療報酬改定の個別改定項目(短冊)について引き続き議論した。新設項目の「看護補助体制充実加算」について支払い側は、質の担保が前提になると難色を示したが、事務局が看護職員から看護補助者への業務移譲の必要性や、補助者に対する研修プログラム等を説明し理解を求めた。専門委員から研修プログラム等も報告され、支払い側は最終的に了承したが ...続き
1月28日 18:12

主要記事

 後藤茂之厚生労働相は28日夜、新型コロナウイルスのオミクロン株感染者の濃厚接触者について、健康観察期間をさらに短縮する方針を表明した。これまで最短6日目で待機解除としていた医療従事者らエッ ...続き
1月28日 23:20
 日本病院団体協議会は28日の代表者会議で、次期改定に向けて入院医療の評価方法などを検討していくことを決めた。斉藤正身議長(日本リハビリテーション病院・施設協会長)は会見で「入院患者のより適 ...続き
1月28日 18:41
 新型コロナウイルスのオミクロン株の感染拡大を踏まえ、厚生労働省は27日付でまとめた「診療の手引き」で、ギリアド・サイエンシズのコロナ治療薬「ベクルリー」(一般名=レムデシビル)について、重 ...続き
1月28日 18:31
 新型コロナウイルス等感染症対策本部・社会保障制度調査会の「新型コロナウイルスに関するワクチン対策プロジェクトチーム」は28日、オミクロン株への対応に関する最新の科学的知見を確認した。PTの ...続き
1月28日 18:20

特集・連載 一覧

 後藤茂之厚生労働相は28日夜、新型コロナウイルスのオミクロン株感染者の濃厚接触者について、健康観察期間をさらに短縮する方針を表明した。これまで最短6日目で待機解除としていた医療従事者らエッセンシャル ...続き

 中医協総会は28日に、個別改定項目(短冊)に対しての議論を一巡した。改定ごとに各側で意見が割れる救急医療管理加算の見直しや、後発医薬品の使用促進なども短冊内容に対する異論はなく、数値等が追記された形 ...続き

 厚生労働省は、2024年4月からの医師の時間外労働の上限規制適用に向け、医師の勤務実態の詳細を把握する手法の開発を、厚生労働科学研究班でスタートさせた。研究班では、ICTやAIを用いたデータ収集・分 ...続き

 日本専門医機構の寺本民生理事長は24日の定例会見で、2022年度の専攻医の応募状況について、現時点で2次募集での採用が636人になったと報告した。また、10月からの官報告示等で使用する基本領域の機構 ...続き

寄稿 一覧

この国の医療のかたち

尾形 裕也

第93回 2022年を迎えて、診療報酬改定、外来機能報告等

●2022年を迎えて:健康保険法100周年 新年おめでとうございます。新しい年、2022(令和4)年の幕が開きました。本年もどうぞよろしくお願いいたします。 今年は健康保険法制定からちょうど100年目 ...続き

カテゴリ

行政 一覧

国会・政党 一覧

団体・学会 一覧

地域 一覧

企業 一覧

特集・連載 一覧