MEDIFAX webトップ > 寄稿 > 京都発 医療の明日へ

寄稿 京都発 医療の明日へ

京都府医師会副会長、中医協診療側委員
安達 秀樹

1970年に京都大医学部卒業後、73年に同大医学部放射線科助手、80年から82年まで米国NIHに留学し、帰国後、同大付属病院核医学科に入局。講師を経て88年安達消化器科・内科医院開業、現在に至る。2000年に京都府医師会理事に就任後、06年に同会副会長。02年から日本医師会社会保険診療報酬検討委員会で活動を展開する傍ら、09年10月から中医協委員に就任している。

特集・連載 一覧

 中医協総会(会長=田辺国昭・東京大大学院教授)は24日、2020年度診療報酬改定に向けて静岡県富士市で公聴会を開いた。公募で選出された静岡県内の医療関係者や保険者、患者支援団体代表らの意見を聴取した ...続き

 安倍晋三首相は23日の参院本会議で、都道府県に対して提供した、再検証対象の公立・公的医療機関等の診療実績データの分析結果(公立・公的医療機関等リスト)について、「それぞれの地域において(地域医療)構 ...続き

 厚生労働省は20日の「医師の働き方改革を進めるためのタスク・シフト/シェアの推進に関する検討会」(座長=永井良三・自治医科大学長)で、各職種が実施するには法令改正が必要な業務について、タスク・シフト ...続き

 日本専門医機構の寺本民生理事長は20日の定例会見で、2020年度の専攻医の第2次募集に698人が応募しており、第1次募集の8299人採用と合わせ、約9000人が専攻医を選択することになるとの見通しを ...続き

 加藤勝信厚生労働相は21日の閣議後会見で、地域医療構想で再検証が必要な公立・公的医療機関の確定版リストを公表しない方針であることが妥当なのかとの問いに、「地方公共団体からご指摘いただき、意見交換を踏 ...続き

 新たな地域医療連携推進法人「湖南メディカル・コンソーシアム」が滋賀県で発足し、4月1日に業務を開始する。二つの二次医療圏にまたがる、11法人・1個人開業医の63施設が参加する大規模な連携法人だ。地域 ...続き