MEDIFAX webトップ > 寄稿 > 京都発 医療の明日へ

寄稿 京都発 医療の明日へ

京都府医師会副会長、中医協診療側委員
安達 秀樹

1970年に京都大医学部卒業後、73年に同大医学部放射線科助手、80年から82年まで米国NIHに留学し、帰国後、同大付属病院核医学科に入局。講師を経て88年安達消化器科・内科医院開業、現在に至る。2000年に京都府医師会理事に就任後、06年に同会副会長。02年から日本医師会社会保険診療報酬検討委員会で活動を展開する傍ら、09年10月から中医協委員に就任している。

特集・連載 一覧

 岸田文雄首相は17日召集の通常国会で施政方針演説を行った。最優先課題に新型コロナウイルス対応を掲げ、3月以降の3回目のワクチン接種の計画について、追加確保分により高齢者の接種を6カ月間隔で行うととも ...続き

 中医協総会(会長=小塩隆士・一橋大経済研究所教授)は14日、後藤茂之厚生労働相から2022年度診療報酬改定に関する諮問を受けた。2月の答申に向けて議論を深める。22年度改定項目の内容を示す「これまで ...続き

 自民党の社会保障制度調査会医療委員会「医師の働き方改革の施行に関するプロジェクトチーム」(PT、田村憲久座長)は22日、厚生労働省から2024年度からの医師の時間外労働の上限規制適用に向けた準備状況 ...続き

 日本専門医機構は来年度から、新専門医制度に関する幅広い事業を安定的に進めるため、事務局機能の強化拡充に乗り出す計画だ。専攻医登録で現在のシーリングに代わるマッチング制度の試行導入を視野に本格的な検討 ...続き