寄稿京都発 医療の明日へ

第44回 京都発 医療の明日へ 中医協における「費用対効果」の議論

2012年8月24日 5:00

京都府医師会副会長 安達秀樹(中医協診療側委員)●議論に向けた条件設定 2012年度診療報酬改定の付帯意見に従って、中央社会保険医療協議会(中医協)では「費用対効果」の議論が新たな部会を設けて始まって...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

寄稿 一覧一覧

寄稿:京都発 医療の明日へ一覧