寄稿京都発 医療の明日へ

第14回 京都発 医療の明日へ

2011年4月11日 5:00

後手後手の政府対応と原発事故が問う繁栄の代償 このたびの東北地方・太平洋沖地震による広大な激甚災害に対し、阪神・淡路地震の教訓を基に各都道府県に設置されたDMATや日本医師会に設置されたJMATに則っ...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

寄稿 一覧一覧

寄稿:京都発 医療の明日へ一覧