寄稿京都発 医療の明日へ

第32回 京都発 医療の明日へ 内閣改造と今後の政権運営

2012年1月27日 5:00

―眼帯を掛けては距離感もとれない―京都府医師会副会長 安達秀樹(中医協診療側委員) 年が明けて早々に内閣改造が行われました。この改造の第一の目的が、参議院で問責決議を受けた一川保夫前防衛相と山岡賢次前...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

寄稿 一覧一覧

寄稿:京都発 医療の明日へ一覧