寄稿京都発 医療の明日へ

第27回 京都発 医療の明日へ 厚労省が医療提供の全体像示す

2011年11月2日 5:00

次期診療報酬改定に関する考察-1京都府医師会副会長 安達秀樹(中医協診療側委員) 先般の中医協において、2025年くらいまでを視野に入れた医療提供体制の全体像の見通しを事務局が提出しました。これまでの...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

寄稿 一覧一覧

特集・連載:社会保障・税一体改革を追う一覧

寄稿:京都発 医療の明日へ一覧