寄稿京都発 医療の明日へ

第56回 京都発 医療の明日へ Evidence-Basedの意義と大切さ

2013年4月17日 5:00

京都府医師会副会長 安達秀樹(中医協診療側委員) 今、京都は京都府立医科大の元教授が関わった論文や研究の疑惑をめぐる話題で騒然としています。 直接の引き金は、ある血圧降下剤の脳卒中抑制効果などを解析し...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

寄稿 一覧一覧

寄稿:京都発 医療の明日へ一覧