寄稿京都発 医療の明日へ

最終回 京都発 医療の明日へ どんな日本を取り戻すのか

2013年11月22日 5:00

京都府医師会副会長 安達秀樹(中医協診療側委員) 突然で申し訳ありませんが、本稿をもってこの連載への寄稿を終了させていただこうと思います。 直接の原因は、現在の政治の状況にあります。本来ならば、今回の...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

寄稿 一覧一覧

寄稿:京都発 医療の明日へ一覧