MEDIFAX webトップ > 特集・連載 > 医師の働き方改革 現場への影響は

医師の働き方改革 現場への影響は

 医師の働き方改革に関する議論が2019年3月にようやくまとまりました。24年度からの規制適用に向けて、医療機関では今後5年間でさまざまな取り組みが求められることになります。一方で、宿日直や研鑽の扱いや、タスクシフト、医師の兼業などといった、個別具体的な課題への対応策についての検討は今後も続く見通しです。医療現場に多大な影響を与える、医師の働き方改革を巡る動きを引き続き追っていきます。

ページ

特集・連載 一覧

 25日に開かれた日本医師会の定例代議員会では、代議員会議長に柵木充明氏(愛知)を選出した。柵木氏は2度目の議長。副議長は太田照男氏(栃木)が就いた。 常任理事選は当初、定数10に対して11人が立候補 ...続き

 厚生労働省は23日付で、新型コロナウイルスワクチンの4回目接種に関する実態調査への協力を求める事務連絡を都道府県などに出した。6月末時点の実績と見込みを確認する。 調査票の提出期限は7月7日(木)午 ...続き

 参院選に立候補した日本医師連盟の組織内候補で自民現職の自見英子氏は24日、東京都内で総決起大会を開催した。自見氏は「日本の真ん中に子ども政策を置くということが医療、介護、福祉の現場にいる私たち一人一 ...続き

 国立大学病院長会議は24日の会見で、医師の働き方改革に伴う医師の兼業先の労働時間等の把握について、各病院の取り組みの進捗状況を「見える化」したところ、現場での取り組みを促す成果が得られていることを明 ...続き