MEDIFAX webトップ > 行政 > 必要なのは「危機感の共有」  上手な医療のかかり方懇談会で構成員

必要なのは「危機感の共有」  上手な医療のかかり方懇談会で構成員

2018年12月6日 13:32

 厚生労働省は6日に開いた「上手な医療のかかり方を広めるための懇談会」に、市民、民間、医療提供者、行政それぞれが上手な医療のかかり方を実践するために行うべき取り組み案を示した。医療提供者には、これから...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

行政 一覧一覧

特集・連載:医師の働き方改革 現場への影響は一覧