MEDIFAX webトップ > 特集・連載 > 医師の働き方改革 現場への影響は

医師の働き方改革 現場への影響は

 医師の働き方改革に関する議論が2019年3月にようやくまとまりました。24年度からの規制適用に向けて、医療機関では今後5年間でさまざまな取り組みが求められることになります。一方で、宿日直や研鑽の扱いや、タスクシフト、医師の兼業などといった、個別具体的な課題への対応策についての検討は今後も続く見通しです。医療現場に多大な影響を与える、医師の働き方改革を巡る動きを引き続き追っていきます。

ページ

特集・連載 一覧

 能登半島地震で甚大な被害を受けた石川県輪島市の市立輪島病院で、在籍する看護師133人のうち、21%に当たる28人が離職を決めたり、離職の意向を示したりしていることが20日、病院への取材で分かった。輪 ...続き

 日本薬剤師会の森昌平副会長はじほうの取材に応じ、2024年度診療報酬改定での敷地内薬局への対応について、適正化が「一歩進んだ」と評価した。今回は見送られた、グループへの評価を一律下げる案については「 ...続き