MEDIFAX webトップ > 特集・連載 > 医師の働き方改革 現場への影響は

医師の働き方改革 現場への影響は

 医師の働き方改革に関する議論が2019年3月にようやくまとまりました。24年度からの規制適用に向けて、医療機関では今後5年間でさまざまな取り組みが求められることになります。一方で、宿日直や研鑽の扱いや、タスクシフト、医師の兼業などといった、個別具体的な課題への対応策についての検討は今後も続く見通しです。医療現場に多大な影響を与える、医師の働き方改革を巡る動きを引き続き追っていきます。

ページ

特集・連載 一覧

 日本医師会常任理事の松本吉郎氏は24日の記者会見で、日医の次期会長選挙への立候補に当たって決意を表明した。松本氏は全ての医師や医療関係者の理解と協力、国をはじめとする関係機関との連携を推進するとした ...続き

 全日本病院協会は、2022年度診療報酬改定で新設された看護補助体制充実加算における看護補助者との業務分担・協働に関する研修に対応するため、5月から研修を開始した。21日の常任理事会・理事会・臨時支部 ...続き

 政府の新型コロナウイルス感染症対策本部は23日、新型コロナ感染症対策の基本的対処方針を更新した。マスクの着用についての記述などを盛り込んだ。 同日持ち回りで開催した新型インフルエンザ等対策推進会議・ ...続き

 自民党の社会保障制度調査会医療委員会「医師の働き方改革の施行に関するプロジェクトチーム」(PT、田村憲久座長)は18日、これまで実施した関係者ヒアリングや、厚生労働省が行った実態調査の結果を踏まえた ...続き