MEDIFAX webトップ > 特集・連載 > 医師の働き方改革 現場への影響は

医師の働き方改革 現場への影響は

 医師の働き方改革に関する議論が2019年3月にようやくまとまりました。24年度からの規制適用に向けて、医療機関では今後5年間でさまざまな取り組みが求められることになります。一方で、宿日直や研鑽の扱いや、タスクシフト、医師の兼業などといった、個別具体的な課題への対応策についての検討は今後も続く見通しです。医療現場に多大な影響を与える、医師の働き方改革を巡る動きを引き続き追っていきます。

ページ

特集・連載 一覧

 岸田文雄首相は10日夜、内閣改造に当たって記者会見し、新内閣で重点的に取り組む課題の一つに、新型コロナウイルス感染症対策の「新たなフェーズへの移行と対応の強化」を挙げた。「新型コロナの感染症法上の取 ...続き

 厚生労働省労働基準局は7月29日付の事務連絡で、医療機関の宿日直許可申請について、よくある相談内容と厚労省の見解を記した「FAQ」を都道府県労働局に周知した。基本的には、これまでの厚労省の考え方をま ...続き

 日本専門医機構の新理事長に就任した渡辺毅氏(地域医療振興協会東京北医療センター顧問/福島県立医科大名誉教授)は4日、就任後初の記者会見に臨み、「新専門医制度を安定的な軌道に乗せ、国民医療に寄与する専 ...続き

 名古屋大医学部付属病院は電気代・ガス代の高騰に伴い、2022年度は両代金の負担が前年度比約6.1億円増に達する見通しだ。加えて新型コロナウイルス感染症の第7波で休務者も増加しており、一般診療およびコ ...続き