MEDIFAX webトップ > 特集・連載 > 医師の働き方改革 現場への影響は

医師の働き方改革 現場への影響は

 医師の働き方改革に関する議論が2019年3月にようやくまとまりました。24年度からの規制適用に向けて、医療機関では今後5年間でさまざまな取り組みが求められることになります。一方で、宿日直や研鑽の扱いや、タスクシフト、医師の兼業などといった、個別具体的な課題への対応策についての検討は今後も続く見通しです。医療現場に多大な影響を与える、医師の働き方改革を巡る動きを引き続き追っていきます。

ページ

特集・連載 一覧

 中医協総会(会長=田辺国昭・東京大大学院教授)は24日、2020年度診療報酬改定に向けて静岡県富士市で公聴会を開いた。公募で選出された静岡県内の医療関係者や保険者、患者支援団体代表らの意見を聴取した ...続き

 安倍晋三首相は23日の参院本会議で、都道府県に対して提供した、再検証対象の公立・公的医療機関等の診療実績データの分析結果(公立・公的医療機関等リスト)について、「それぞれの地域において(地域医療)構 ...続き

 厚生労働省の「医師の働き方改革を進めるためのタスク・シフト/シェアの推進に関する検討会」で委員を務める裵英洙氏(慶応大特任教授)は26日、東京都内で開かれた厚労省委託事業の病院経営者向けセミナーで講 ...続き

 日本専門医機構の寺本民生理事長は20日の定例会見で、2020年度の専攻医の第2次募集に698人が応募しており、第1次募集の8299人採用と合わせ、約9000人が専攻医を選択することになるとの見通しを ...続き

 加藤勝信厚生労働相は21日の閣議後会見で、地域医療構想で再検証が必要な公立・公的医療機関の確定版リストを公表しない方針であることが妥当なのかとの問いに、「地方公共団体からご指摘いただき、意見交換を踏 ...続き

 新潟県は、病院局が所管する全13の県立病院の将来の在り方に関する議論を本格化させる。昨年11月に県立病院経営委員会がまとめた提言を踏まえたもので、各構想区域が2~3月に開く地域医療構想調整会議で提言 ...続き