MEDIFAX webトップ > 特集・連載 > 医師の働き方改革 現場への影響は

医師の働き方改革 現場への影響は

 医師の働き方改革に関する議論が2019年3月にようやくまとまりました。24年度からの規制適用に向けて、医療機関では今後5年間でさまざまな取り組みが求められることになります。一方で、宿日直や研鑽の扱いや、タスクシフト、医師の兼業などといった、個別具体的な課題への対応策についての検討は今後も続く見通しです。医療現場に多大な影響を与える、医師の働き方改革を巡る動きを引き続き追っていきます。

ページ

特集・連載 一覧

 厚生労働省は17日、医師の働き方改革を進めるためのタスク・シフティングに関する1回目のヒアリングを行う。日本医師会など10団体が出席する。 ヒアリングの内容は▽タスクシフトの具体的な業務内容・量・質 ...続き

 日本医師会の横倉義武会長は4日の記者会見で、2020年度専攻医募集におけるシーリングについて、厚生労働省や日本専門医機構に対して、より柔軟で弾力的な対応を求めていくと表明した。専門研修で地域偏在・診 ...続き

 四病院団体協議会は24日、2020年度予算概算要求に向けた要望書を根本匠厚生労働相に提出した。要望書では、控除対象外消費税問題を抜本的に解決するためには、医療に係る消費税の非課税制度を見直し、「原則 ...続き

 厚生労働省医政局の迫井正深審議官は、地域医療構想に関する今後の取り組みに関して本紙の取材に応じた。5月末の経済財政諮問会議で厚労省が示した「国が重点的に支援する区域」の設定では、プロセスと基準の明確 ...続き