MEDIFAX webトップ > 特集・連載 > 医師の働き方改革 現場への影響は

医師の働き方改革 現場への影響は

 医師の働き方改革に関する議論が2019年3月にようやくまとまりました。24年度からの規制適用に向けて、医療機関では今後5年間でさまざまな取り組みが求められることになります。一方で、宿日直や研鑽の扱いや、タスクシフト、医師の兼業などといった、個別具体的な課題への対応策についての検討は今後も続く見通しです。医療現場に多大な影響を与える、医師の働き方改革を巡る動きを引き続き追っていきます。

ページ

特集・連載 一覧

 全国自治体病院協議会は23日の会見で、医師の働き方改革に関するアンケート調査結果を発表した。自治体病院では、年間960時間超の時間外労働を行っている医師の割合が2016年度は13.3%、18年度は6 ...続き

 四病院団体協議会は22日の総合部会で、新専門医制度の2020年度専攻医募集のシーリングなどの制度設計への対応を巡り、現在の体制で日本専門医機構が今後も運営を継続することは限界との認識で一致した。会議 ...続き

 四病院団体協議会は24日、2020年度予算概算要求に向けた要望書を根本匠厚生労働相に提出した。要望書では、控除対象外消費税問題を抜本的に解決するためには、医療に係る消費税の非課税制度を見直し、「原則 ...続き

 全日本病院協会は18日の理事会で、地域医療構想や医師の働き方改革などの対応について意見を交換した。厚生労働省が地域医療構想と医師の働き方改革、医師需給問題を併せた「三位一体」で総合的な議論を進める考 ...続き