MEDIFAX webトップ > 特集・連載 > 医師の働き方改革 現場への影響は

医師の働き方改革 現場への影響は

 医師の働き方改革に関する議論が2019年3月にようやくまとまりました。24年度からの規制適用に向けて、医療機関では今後5年間でさまざまな取り組みが求められることになります。一方で、宿日直や研鑽の扱いや、タスクシフト、医師の兼業などといった、個別具体的な課題への対応策についての検討は今後も続く見通しです。医療現場に多大な影響を与える、医師の働き方改革を巡る動きを引き続き追っていきます。

ページ

特集・連載 一覧

 国立大学附属病院長会議常置委員会は24日付で、医師の働き方改革について、大学病院の医師は研究者の側面を持つことを踏まえ、研究を阻害しないような労働時間制度に関する議論を早急に開始すべきなどとした緊急 ...続き

 日本専門医機構は、2020年度の専攻医募集に向けたシーリングについて、厚生労働省が算出した将来の必要医師数および必要養成数に基づき算出された各都道府県の診療科別のシーリングに見直す検討に入った。5都 ...続き

 昨年12月に2019年度与党税制改正大綱が取りまとめられた際、診療報酬の配点方法の精緻化や設備投資への支援措置(特別償却の拡充・見直し)などを踏まえて、日本医師会が「税制を含めて全体で医療に係る消費 ...続き

 財務省主計局は23日の財政制度等審議会・財政制度分科会で、地域医療構想について「(各構想区域で)合意された具体的対応方針の内容が2025年における病床の必要量と整合的であるか厳しく精査を行い、不十分 ...続き