MEDIFAX webトップ > 特集・連載 > 医師の働き方改革 現場への影響は

医師の働き方改革 現場への影響は

 医師の働き方改革に関する議論が2019年3月にようやくまとまりました。24年度からの規制適用に向けて、医療機関では今後5年間でさまざまな取り組みが求められることになります。一方で、宿日直や研鑽の扱いや、タスクシフト、医師の兼業などといった、個別具体的な課題への対応策についての検討は今後も続く見通しです。医療現場に多大な影響を与える、医師の働き方改革を巡る動きを引き続き追っていきます。

ページ

特集・連載 一覧

 東京都医師会の尾﨑治夫会長は30日の会見で、新型コロナウイルスのクラスターが発生しているような飲食店に対し、法的拘束力を持った補償を伴う休業要請を行うため、新型インフルエンザ等対策特別措置法を改正す ...続き

 富士フイルム富山化学は、新型コロナウイルス感染症を対象に実施してきた抗ウイルス薬「アビガン」(一般名=ファビピラビル)の国内臨床第3相(P3)試験について、患者の登録を16日に終了させる。予定してい ...続き

 日本専門医機構の寺本民生理事長は20日の定例会見で、専門医の広告表示に関する検討を再開する方針を示した。来年3月に専攻医1期生が3年間の研修を修了し、認定試験を経て機構認定の専門医が誕生することを見 ...続き

 厚生労働省は31日、“1県1医大”に相当する都道府県の2大学(計6診療科)を対象にした「医師の働き方改革の地域医療への影響に関する調査」も公表した。各診療科で時間外労働の上限規制が適用された場合、診 ...続き