MEDIFAX webトップ > 特集・連載 > 医師の働き方改革 現場への影響は

医師の働き方改革 現場への影響は

 医師の働き方改革に関する議論が2019年3月にようやくまとまりました。24年度からの規制適用に向けて、医療機関では今後5年間でさまざまな取り組みが求められることになります。一方で、宿日直や研鑽の扱いや、タスクシフト、医師の兼業などといった、個別具体的な課題への対応策についての検討は今後も続く見通しです。医療現場に多大な影響を与える、医師の働き方改革を巡る動きを引き続き追っていきます。

ページ

特集・連載 一覧

 能登半島地震で甚大な被害を受け多くの場所で断水が続いている石川県輪島市で、歯科医が住民の健康を守るため奮闘している。口の中を清潔に保つことは感染症対策などにも有効とされ、地震後に一部診療を再開してい ...続き

 日本チェーンドラッグストア協会(JACDS)は22日の会見で、14日に答申された2024年度調剤報酬改定に対する見解を発表した。地域支援体制加算については算定要件の厳格化に加え、一律に大幅な減額措置 ...続き