MEDIFAX webトップ > 特集・連載 > 医師の働き方改革 現場への影響は

医師の働き方改革 現場への影響は

 医師の働き方改革に関する議論が2019年3月にようやくまとまりました。24年度からの規制適用に向けて、医療機関では今後5年間でさまざまな取り組みが求められることになります。一方で、宿日直や研鑽の扱いや、タスクシフト、医師の兼業などといった、個別具体的な課題への対応策についての検討は今後も続く見通しです。医療現場に多大な影響を与える、医師の働き方改革を巡る動きを引き続き追っていきます。

ページ

特集・連載 一覧

 加藤勝信厚生労働相は7日の閣議後会見で、季節性インフルエンザと新型コロナウイルスの同時流行について、流行の立ち上がりの時期や持続感、流行規模、医療負荷の程度などに関する事前情報が十分でないことから「 ...続き

 日本医療機能評価機構は病院機能評価について、2023年4月から評価項目や評価方法を改定した「3rdG:Ver.3.0」の運用を開始する。24年度から開始する医師の働き方改革などに向けた取り組みなどを ...続き