MEDIFAX webトップ > 特集・連載 > 控除対象外消費税問題

控除対象外消費税問題

 2019年度与党税制改正大綱がまとまりました。医療の控除対象外消費税問題については、19年10月の消費増税時に診療報酬の配点方法を精緻化することによって「医療機関種別の補填のばらつきが是正されることになる」とされ、問題解決へ一定の措置が取られたとの書きぶりになりました。
 日本医師会は税制や予算を含め、全体で「医療に係る消費税問題が解決」との見解を示しましたが、将来的な消費税率のさらなる引き上げの可能性を考えれば、抜本的な解決にはなっていないとの声もあります。引き続き、関連記事をまとめていきます。

ページ

特集・連載 一覧

 厚生労働省は4日、今冬のインフルエンザ流行に備えた医療提供体制を10月中に整備するよう求める事務連絡を都道府県などに発出した。かかりつけ医など身近な医療機関で発熱患者に対応するため、がんセンターや透 ...続き

 日本病院会の相澤孝夫会長は30日の定例会見で、新型コロナウイルス感染症に対応する医療従事者への慰労金を巡り、交付のための代行作業を行う病院の多くで混乱している実態があることなどを報告した。また、今冬 ...続き

 日本専門医機構は23日、40人を定員とする新たな臨床研究医コースの2021年度専攻医募集を開始した。基本診療領域19領域・123コースから同コースの研修を目指す専攻医が選択する。専門医機構は今回の募 ...続き

 四病院団体協議会の「病院医師の働き方検討委員会」は2日、厚生労働省が実施した「2019年医師の勤務実態調査」(新10万人調査)の結果を踏まえて議論した。調査から、病院常勤医の時間外労働の上位10%に ...続き