MEDIFAX webトップ > 特集・連載 > 控除対象外消費税問題

控除対象外消費税問題

 2019年度与党税制改正大綱がまとまりました。医療の控除対象外消費税問題については、19年10月の消費増税時に診療報酬の配点方法を精緻化することによって「医療機関種別の補填のばらつきが是正されることになる」とされ、問題解決へ一定の措置が取られたとの書きぶりになりました。
 日本医師会は税制や予算を含め、全体で「医療に係る消費税問題が解決」との見解を示しましたが、将来的な消費税率のさらなる引き上げの可能性を考えれば、抜本的な解決にはなっていないとの声もあります。引き続き、関連記事をまとめていきます。

ページ

特集・連載 一覧

 厚生労働省は15日、医療政策研修会と地域医療構想アドバイザー会議を合同で開いた。医師の働き方改革に関する議論の進捗を説明した医政局地域医療計画課の奥野哲朗課長補佐は、時間外労働の上限時間の暫定特例と ...続き

 日本専門医機構は18日の理事会で、新専門医制度における「カリキュラム制」研修について、現在のプログラム制の補完的な仕組みとして運用する方針を確認した。カリキュラム制は単位を取得する「単位制」とし、出 ...続き

 中医協(会長=田辺国昭・東京大大学院教授)は13日、10月施行予定の消費税率10%への引き上げに伴う2019年度診療報酬改定を根本匠厚生労働相に答申した。答申案については、6日の議論を踏まえ支払いお ...続き

 新たな地域医療連携推進法人「さがみメディカルパートナーズ」が、神奈川県の県央構想区域で4月にも認定される見通しだ。患者情報の共有や、医療・介護従事者の人材交流などを行い「新たな価値」の創出を目指す。 ...続き