MEDIFAX webトップ > 特集・連載 > 医師の働き方改革 現場への影響は

医師の働き方改革 現場への影響は

 医師の働き方改革に関する議論が2019年3月にようやくまとまりました。24年度からの規制適用に向けて、医療機関では今後5年間でさまざまな取り組みが求められることになります。一方で、宿日直や研鑽の扱いや、タスクシフト、医師の兼業などといった、個別具体的な課題への対応策についての検討は今後も続く見通しです。医療現場に多大な影響を与える、医師の働き方改革を巡る動きを引き続き追っていきます。

ページ

特集・連載 一覧

 都道府県医師会は5月下旬から6月下旬にかけて、任期満了に伴う役員改選のピークを迎える。本紙の取材によると、すでに次期役員の選出を終えたところを含めると、今年度は大阪や愛知、兵庫、福岡、埼玉、広島など ...続き

 中医協総会(会長=小塩隆士・一橋大経済研究所教授)は18日、2022年度診療報酬改定の答申書付帯意見に明記された20項目について、24年度改定に向けた主要な検討の場に関する厚生労働省からの提案を了承 ...続き

 厚生労働省は、2022年度の新型コロナウイルス感染症緊急包括支援交付金(医療分)について、13日付の交付決定額を公表した。全国合計で4419.3億円。都道府県別に見ると、多い順に東京都1240.4億 ...続き

 自民党の社会保障制度調査会医療委員会「医師の働き方改革の施行に関するプロジェクトチーム」(PT、田村憲久座長)は18日、これまで実施した関係者ヒアリングや、厚生労働省が行った実態調査の結果を踏まえた ...続き