MEDIFAX webトップ > 特集・連載 > 医師の働き方改革 現場への影響は

医師の働き方改革 現場への影響は

 医師の働き方改革に関する議論が2019年3月にようやくまとまりました。24年度からの規制適用に向けて、医療機関では今後5年間でさまざまな取り組みが求められることになります。一方で、宿日直や研鑽の扱いや、タスクシフト、医師の兼業などといった、個別具体的な課題への対応策についての検討は今後も続く見通しです。医療現場に多大な影響を与える、医師の働き方改革を巡る動きを引き続き追っていきます。

ページ

特集・連載 一覧

 全2病棟を地域包括ケア病棟として運用してきた右田病院(東京都八王子市、118床)は、6月から全ての病床について、2024年度診療報酬改定で新設された「地域包括医療病棟入院料」の算定病床に転換させた。 ...続き

 厚生労働省は7月から来年2月にかけて、医師の働き方改革に関する「トップマネジメント研修」をオンラインで実施する。病院の管理職を主な対象とし、改革に取り組んでいる病院の事例紹介などを行う。 評価センタ ...続き