消費税問題

 医療機関の消費税負担の問題がクローズアップされています。社会保険診療は非課税となっているため、薬剤や材料などを購入した際に医療機関が負担した消費税は、最終消費者である患者から徴収できず、医療機関の持ち出しになっています。医療界は原則課税とするよう求めていますが、政府は非課税のまま診療報酬で補填する手法を継続させる考えです。予断を許さない消費税問題に関する記事を集めました。

ページ

特集・連載 一覧

 日本医師会の中川俊男会長は12日の会見で、全国的に拡大している新型コロナウイルスの変異株について「病態や経過が明らかではなく、新たなウイルスとの闘いだと認識したほうがよいという意見もある」と警戒感を ...続き

 政府の新型コロナウイルス感染症対策本部は14日、北海道・岡山県・広島県に対する緊急事態宣言の発令を決定した。期間は今月16日から31日まで。政府は当初、北海道への宣言発令を見送り、岡山・広島の両県に ...続き

 大阪府内の病床過剰地域で、既存病院を統合させて新規病院の開設を目指す医療法人の計画について、地域医療構想調整会議での反対意見が強いにもかかわらず、医療法上の勧告対象にならないことに病院団体から問題意 ...続き

 全国医学部長病院長会議(AJMC)は、2024年4月の医師の時間外労働の上限規制の適用を見据え、医師の働き方改革に関する大学病院特有の課題を整理、検討するための検討委員会を立ち上げる方針を決めた。大 ...続き