MEDIFAX webトップ > 特集・連載 > 地域医療構想 新ステージへ

地域医療構想 新ステージへ

 厚生労働省は、高度急性期・急性期機能の診療実績などを分析し、2025年に担う役割や機能別病床数の再検証を要請する公立・公的医療機関等424病院の実名を公表しました。地域の実情を反映していないという反発の声も高まっていますが、多くの病院でダウンサイジングや機能転換を含んだ再編統合の検討が必要になります。「大再編時代」の号砲になるか―。地域医療構想の行方を紹介します。

ページ

特集・連載 一覧

 厚生労働省保険局医療課は12日付の事務連絡で、2024年度診療報酬改定について、疑義解釈(その2)を示した。 医療DX推進体制整備加算では、電子処方箋の発行体制の施設基準について説明。加算の届け出時 ...続き

 能登半島地震で避難生活が長引く中、生理用品の不足や性被害が懸念される女性への支援を民間団体や医師らが続けている。避難中は性別役割分業の圧力が強まりがちで、食事の準備などで女性の負担がより大きくなると ...続き