MEDIFAX webトップ > 特集・連載 > 地域医療構想 新ステージへ

地域医療構想 新ステージへ

 厚生労働省は、高度急性期・急性期機能の診療実績などを分析し、2025年に担う役割や機能別病床数の再検証を要請する公立・公的医療機関等424病院の実名を公表しました。地域の実情を反映していないという反発の声も高まっていますが、多くの病院でダウンサイジングや機能転換を含んだ再編統合の検討が必要になります。「大再編時代」の号砲になるか―。地域医療構想の行方を紹介します。

ページ

特集・連載 一覧

 日本医師会は7日の会見で、かかりつけ医などへのオンライン健康相談を適切に実施する仕組みを構築するため、4項目の施策を提案した。▽国としての定義の明確化▽省庁横断的な指針の作成▽業界ガイドラインの作成 ...続き

 髙鳥修一衆院議員を中心とした自民党の有志議員は23日、新型コロナウイルス感染症に感染した人や医療関係者の家族などの人権を守るため「新型コロナウイルス感染症関連差別解消法(仮称)」の成立を目指し、勉強 ...続き

 地域医療構想の実現に向けた重点支援区域の第2弾で、北海道の南西部に位置する南檜山構想区域が選定された。8月25日の選定後、9月1日には同区域で地域医療連携推進法人「南檜山メディカルネットワーク」も認 ...続き

 厚生労働省は30日の「医師の働き方改革の推進に関する検討会」で、災害時を含めた追加的健康確保措置について、できるだけ代償休息が必要にならないように副業・兼業を行う医師の労働時間管理方法を整理して提示 ...続き