MEDIFAX webトップ > 特集・連載 > 地域医療構想 新ステージへ

地域医療構想 新ステージへ

 厚生労働省は、高度急性期・急性期機能の診療実績などを分析し、2025年に担う役割や機能別病床数の再検証を要請する公立・公的医療機関等424病院の実名を公表しました。地域の実情を反映していないという反発の声も高まっていますが、多くの病院でダウンサイジングや機能転換を含んだ再編統合の検討が必要になります。「大再編時代」の号砲になるか―。地域医療構想の行方を紹介します。

ページ

特集・連載 一覧

 東京都医師会の尾﨑治夫会長は30日の会見で、新型コロナウイルスのクラスターが発生しているような飲食店に対し、法的拘束力を持った補償を伴う休業要請を行うため、新型インフルエンザ等対策特別措置法を改正す ...続き

 大阪府の吉村洋文知事が、ポビドンヨードを含むうがい薬の使用によって新型コロナウイルス感染症の重症化予防が期待できるなどと発表したことを受け、日本医師会は5日の会見で見解を発表した。神村裕子常任理事は ...続き

 日本専門医機構の寺本民生理事長は20日の定例会見で、専門医の広告表示に関する検討を再開する方針を示した。来年3月に専攻医1期生が3年間の研修を修了し、認定試験を経て機構認定の専門医が誕生することを見 ...続き

 厚生労働省は31日、“1県1医大”に相当する都道府県の2大学(計6診療科)を対象にした「医師の働き方改革の地域医療への影響に関する調査」も公表した。各診療科で時間外労働の上限規制が適用された場合、診 ...続き