MEDIFAX webトップ > 特集・連載 > 地域医療構想 新ステージへ

地域医療構想 新ステージへ

 厚生労働省は、高度急性期・急性期機能の診療実績などを分析し、2025年に担う役割や機能別病床数の再検証を要請する公立・公的医療機関等424病院の実名を公表しました。地域の実情を反映していないという反発の声も高まっていますが、多くの病院でダウンサイジングや機能転換を含んだ再編統合の検討が必要になります。「大再編時代」の号砲になるか―。地域医療構想の行方を紹介します。

ページ

特集・連載 一覧

 中医協の診療報酬基本問題小委員会は18日、入院医療等の調査・評価分科会の尾形裕也分科会長(九州大名誉教授)から2019年度調査結果(速報)について報告を受けた。急性期一般入院料1等の届け出状況への評 ...続き

 厚生労働省は21日に開いた社会保障審議会・医療部会に、2025年に担うべき役割や機能別病床数の再検証が必要な、公立・公的等424病院の公表について報告した。楠岡英雄委員(国立病院機構理事長)は、大き ...続き

 中医協総会(会長=田辺国昭・東京大大学院教授)は18日、医師を含めた医療従事者の働き方改革への診療報酬としての支援の在り方について議論を進めた。厚生労働省は今後、全ての医療機関でマネジメントの実践が ...続き

 日本専門医機構の寺本民生理事長は21日の定例会見で、新専門医制度でのサブスペシャルティ領域の研修制度の在り方について、厚生労働科学特別研究事業として検討を開始したことを明らかにした。サブスペ領域の制 ...続き