MEDIFAX webトップ > 特集・連載 > 2016年度診療報酬改定~詳報・中医協~

2016年度診療報酬改定~詳報・中医協~

 本体プラス0.49%で決着した2016年度診療報酬改定。中医協は、年明けから個別改定項目案についての議論に入り、2月10日に塩崎恭久厚生労働相に今改定案を答申しました。厚生労働省は3月4日に官報告示を行い、同日付で個別項目に関する留意事項や施設基準に関する運用通知を発出しました。

 改定内容は、7対1入院基本料の要件厳格化や、医師や薬剤師のかかりつけ機能の強化、在宅医療・リハビリテーションの見直し、さらにはDPC制度の運用改善や、情報通信技術(ICT)の活用など多岐にわたります。重点的に対応する分野として、認知症や、精神・小児・難病医療などの評価充実も盛り込まれました。

 改定に対する関係者の受け止めや、医療現場の動きなど16年度改定をめぐる動向を引き続き詳報していきます。

ページ

特集・連載 一覧

 四病院団体協議会の「病院医師の働き方検討委員会」は18日、医師から看護師、救急救命士、臨床工学技士、薬剤師の4職種へのタスクシフティングに関する提案書を、7月中にも取りまとめる方針を確認した。終了後 ...続き

 日本医師会の横倉義武会長は4日の記者会見で、2020年度専攻医募集におけるシーリングについて、厚生労働省や日本専門医機構に対して、より柔軟で弾力的な対応を求めていくと表明した。専門研修で地域偏在・診 ...続き

 四病院団体協議会は24日、2020年度予算概算要求に向けた要望書を根本匠厚生労働相に提出した。要望書では、控除対象外消費税問題を抜本的に解決するためには、医療に係る消費税の非課税制度を見直し、「原則 ...続き

 日本医師会は、地域医療構想の実現に向け、各構想区域の調整会議の活性化のための公立・公的医療機関の類型化案をまとめた。公立・公的医療機関等が持つ機能の他の医療機関への代替可能性や、統合再編などの協議を ...続き