MEDIFAX webトップ > 特集・連載 > 2016年度診療報酬改定~詳報・中医協~

2016年度診療報酬改定~詳報・中医協~

 本体プラス0.49%で決着した2016年度診療報酬改定。中医協は、年明けから個別改定項目案についての議論に入り、2月10日に塩崎恭久厚生労働相に今改定案を答申しました。厚生労働省は3月4日に官報告示を行い、同日付で個別項目に関する留意事項や施設基準に関する運用通知を発出しました。

 改定内容は、7対1入院基本料の要件厳格化や、医師や薬剤師のかかりつけ機能の強化、在宅医療・リハビリテーションの見直し、さらにはDPC制度の運用改善や、情報通信技術(ICT)の活用など多岐にわたります。重点的に対応する分野として、認知症や、精神・小児・難病医療などの評価充実も盛り込まれました。

 改定に対する関係者の受け止めや、医療現場の動きなど16年度改定をめぐる動向を引き続き詳報していきます。

ページ

特集・連載 一覧

 東京都医師会の尾﨑治夫会長は30日の会見で、新型コロナウイルスのクラスターが発生しているような飲食店に対し、法的拘束力を持った補償を伴う休業要請を行うため、新型インフルエンザ等対策特別措置法を改正す ...続き

 日本医師会は12日、患者が安心して医療機関に来院できるよう、新型コロナウイルス感染症の感染防止対策を徹底している医療機関が掲示できる「みんなで安心マーク」の発行数について、12日午後4時時点で846 ...続き

 日本専門医機構の寺本民生理事長は20日の定例会見で、専門医の広告表示に関する検討を再開する方針を示した。来年3月に専攻医1期生が3年間の研修を修了し、認定試験を経て機構認定の専門医が誕生することを見 ...続き

 厚生労働省は31日、“1県1医大”に相当する都道府県の2大学(計6診療科)を対象にした「医師の働き方改革の地域医療への影響に関する調査」も公表した。各診療科で時間外労働の上限規制が適用された場合、診 ...続き