MEDIFAX webトップ > 特集・連載 > 2016年度診療報酬改定~詳報・中医協~

2016年度診療報酬改定~詳報・中医協~

 本体プラス0.49%で決着した2016年度診療報酬改定。中医協は、年明けから個別改定項目案についての議論に入り、2月10日に塩崎恭久厚生労働相に今改定案を答申しました。厚生労働省は3月4日に官報告示を行い、同日付で個別項目に関する留意事項や施設基準に関する運用通知を発出しました。

 改定内容は、7対1入院基本料の要件厳格化や、医師や薬剤師のかかりつけ機能の強化、在宅医療・リハビリテーションの見直し、さらにはDPC制度の運用改善や、情報通信技術(ICT)の活用など多岐にわたります。重点的に対応する分野として、認知症や、精神・小児・難病医療などの評価充実も盛り込まれました。

 改定に対する関係者の受け止めや、医療現場の動きなど16年度改定をめぐる動向を引き続き詳報していきます。

ページ

特集・連載 一覧

 日本医師会の中川俊男会長は13日の会見で、新型コロナウイルス感染症の感染拡大について「全国的な(緊急事態宣言の)発令も検討すべき情勢になっている。欧米のような感染爆発の気配が現実化してきた」と懸念を ...続き

 厚生労働省は20日、新型コロナウイルス感染症について、同一の場で2人以上の感染が出たクラスター(感染者集団)の今月18日時点の発生件数をまとめた。高齢者施設では721件となった。昨年11月30日時点 ...続き

 厚生労働省の社会保障審議会・医療部会は25日、同省の検討会がまとめた「新型コロナウイルス感染症対応を踏まえた今後の医療提供体制の構築に向けた考え方」について議論した。地域医療構想については、新型コロ ...続き

 日本医師会の今村聡副会長は、厚生労働省の「医師の働き方改革の推進に関する検討会」の昨年末の中間とりまとめを受けて本紙の取材に応じた。労働時間短縮への取り組みの分析、評価のための「評価機能」(仮称)設 ...続き