MEDIFAX webトップ > 特集・連載 > 2016年度診療報酬改定~詳報・中医協~

2016年度診療報酬改定~詳報・中医協~

 本体プラス0.49%で決着した2016年度診療報酬改定。中医協は、年明けから個別改定項目案についての議論に入り、2月10日に塩崎恭久厚生労働相に今改定案を答申しました。厚生労働省は3月4日に官報告示を行い、同日付で個別項目に関する留意事項や施設基準に関する運用通知を発出しました。

 改定内容は、7対1入院基本料の要件厳格化や、医師や薬剤師のかかりつけ機能の強化、在宅医療・リハビリテーションの見直し、さらにはDPC制度の運用改善や、情報通信技術(ICT)の活用など多岐にわたります。重点的に対応する分野として、認知症や、精神・小児・難病医療などの評価充実も盛り込まれました。

 改定に対する関係者の受け止めや、医療現場の動きなど16年度改定をめぐる動向を引き続き詳報していきます。

ページ

特集・連載 一覧

 厚生労働省の「医師の働き方改革に関する検討会」は15日、前回に引き続き最終報告書案を議論した。年間1860時間が時間外労働の上限となる暫定特例水準の設定について、厚労省が「目標」として示した2035 ...続き

 日本専門医機構の寺本民生理事長は18日の定例会見で、新専門医制度におけるサブスペシャルティ領域専門医制度の運用について、厚生労働省の医道審議会医師専門研修部会の理解を強く求めていく方針を示した。機構 ...続き

 国立大学附属病院長会議常置委員会は1日の定例記者会見で、消費税率10%への引き上げに伴う10月施行予定の2019年度診療報酬改定での新点数に基づく試算結果を公表した。設備投資を見送ってきた多くの病院 ...続き

 厚生労働省の「地域医療構想に関するワーキンググループ」(WG、座長=尾形裕也・九州大名誉教授)は22日、病床機能報告制度に関する見直し案を了承した。現在報告項目となっている「稼働病床数」を廃止するほ ...続き