【中医協】急性期一般入院料1、10月時点で34万5300床に微減  厚労省が報告

2019年11月15日 19:06

 厚生労働省は15日の中医協総会に、今年10月時点で急性期一般入院料1が34万5300床になると報告した。2018年度改定前の17年10月と比べると1万1000床の減少。厚労省は減少傾向が続いていると...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

関連記事

行政 一覧一覧

特集・連載:2020年度診療報酬改定  詳報 中医協一覧