MEDIFAX webトップ > 特集・連載 > 新専門医制度 山積する課題

新専門医制度 山積する課題

 日本専門医機構による新たな専門医制度が2018年度からスタートしました。整備指針や運用細則の修正を経て、ようやく制度開始にこぎ着けましたが、依然として地域医療への影響などを懸念する声が根強くあります。新専門医制度を取り巻く関連記事をまとめていきます。

ページ

特集・連載 一覧

 東京都医師会の尾﨑治夫会長は30日の会見で、新型コロナウイルスのクラスターが発生しているような飲食店に対し、法的拘束力を持った補償を伴う休業要請を行うため、新型インフルエンザ等対策特別措置法を改正す ...続き

 加藤勝信厚生労働相は7日の閣議後会見で、新型コロナウイルス感染者で宿泊療養が困難な場合の自宅療養に関する考え方を説明した。無症状病原体保有者と軽症患者は、重症化リスクがないことなどに加え、医師が必ず ...続き

 日本専門医機構の寺本民生理事長は20日の定例会見で、専門医の広告表示に関する検討を再開する方針を示した。来年3月に専攻医1期生が3年間の研修を修了し、認定試験を経て機構認定の専門医が誕生することを見 ...続き

 厚生労働省は31日、“1県1医大”に相当する都道府県の2大学(計6診療科)を対象にした「医師の働き方改革の地域医療への影響に関する調査」も公表した。各診療科で時間外労働の上限規制が適用された場合、診 ...続き