参院選2019

 医療関係団体の組織力が問われる夏の参院選。組織内候補の得票数は団体の集票力を示す指標となり、選挙結果がそれぞれの団体に対する自民党の評価に直結してきます。日本医師連盟や日本看護連盟、日本薬剤師連盟など各団体の組織内候補の動向を中心に取り上げていきます。

ページ

特集・連載 一覧

 都道府県医師会は5月下旬から6月下旬にかけて、任期満了に伴う役員改選のピークを迎える。本紙の取材によると、すでに次期役員の選出を終えたところを含めると、今年度は大阪や愛知、兵庫、福岡、埼玉、広島など ...続き

 厚生労働省保険局医療課は13日付で、2022年度診療報酬改定に関する「疑義解釈資料の送付について(その8)」を事務連絡した。回復期リハビリテーション病棟入院料1・3の施設基準で「受けていることが望ま ...続き

 全国知事会の平井伸治会長(鳥取県知事)は17日、後藤茂之厚生労働相との新型コロナウイルス感染対策についての意見交換で、若い世代や小児などの世代に対するワクチン接種推進に向けた取り組みを要請した。 平 ...続き

 2024年度から始まる医師の働き方改革に向けた現時点での準備状況を探るため、厚生労働省が3~4月、都道府県と全病院を対象に実施した調査結果の概要が分かった。調査に回答した病院のうち「副業・兼業先も含 ...続き