参院選2019

 医療関係団体の組織力が問われる夏の参院選。組織内候補の得票数は団体の集票力を示す指標となり、選挙結果がそれぞれの団体に対する自民党の評価に直結してきます。日本医師連盟や日本看護連盟、日本薬剤師連盟など各団体の組織内候補の動向を中心に取り上げていきます。

ページ

特集・連載 一覧

 厚生労働省は23日、患者団体から「医師の働き方改革の推進に関するヒアリング」を行った。リンパ腫患者団体のグループ・ネクサス・ジャパン理事長の天野慎介氏は、2024年4月にスタートする医師の時間外労働 ...続き

 厚生労働省は2020年度税制改正要望で、医師少数区域にある医療機関への税制上の優遇措置の創設を求める方針だ。医師少数区域に所在し、医師少数区域で勤務した“認定医”が一定程度勤務する医療機関に、不動産 ...続き

  日本専門医機構(寺本民生理事長)は22日、今後の専攻医のシーリングの在り方を視野に入れアドホックの会議体としてスタートした「2021年度専門医養成数に関する検討協議会」の第2回会合を開いた。1日の ...続き

 四病院団体協議会は9日、控除対象外消費税問題の解消に向け、原則課税を求める2020年度税制改正要望書等を根本匠厚生労働相に提出した。要望書では、控除対象外消費税問題の解消に向け社会保険診療報酬および ...続き