MEDIFAX webトップ > 特集・連載 > どうなる特区・規制改革

どうなる特区・規制改革

 安倍政権は従来の政権以上に規制改革に積極的に見えます。医療の規制は国民の生命と健康を守る意味合いが強く、必要な規制は厳然と残し、緩和するにしても注意深く漸進的な対応が求められる分野です。政府系会議の提案をはじめ、それに対する厚生労働省の対応や医療界の反応を追います。

ページ

特集・連載 一覧

 自民党の社会保障制度調査会(鴨下一郎会長)の医療委員会(福岡資麿委員長)は11日、「医師の働き方及びタスクシェア・タスクシフトのあり方に関するプロジェクトチーム(PT)」(福岡座長)の初会合を開催し ...続き

 厚生労働省は今月17日から、「地域医療構想に関するブロック別意見交換会」を開始する。17日の関東信越と九州ブロックでの開催を皮切りに、全国7ブロックで実施。関東信越ブロックは2回に分けて行う。202 ...続き