MEDIFAX webトップ > 寄稿 > 医療の「希望」を信じて―米国からの便り

寄稿 医療の「希望」を信じて―米国からの便り

米シカゴ大医学部教授
中村 祐輔

1977年、大阪大医学部卒業。癌研究会癌研究所(当時)の生化学部長などを経て、94年に東京大医科学研究所の分子病態研究施設教授に就任。95~2011年に同研究所のヒトゲノム解析センター長を務め、05~10年には理化学研究所のゲノム医科学研究センター長も併任。11年に内閣官房参与、内閣官房医療イノベーション推進室長を務め、12年4月から米シカゴ大医学部で内科・外科教授と個別化医療センター副センター長を兼任している。

特集・連載 一覧

 政府の規制改革推進会議医療・介護ワーキンググループ(WG)は7日、オンライン医療の普及促進などをテーマに議論した。出席者からは、学会からの要望を踏まえて検討するのではなく、オンライン診療のあるべき姿 ...続き

 日本医師会は7日、新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けた政府による緊急事態宣言の発令を受けて緊急会見を開催した。横倉義武会長は、日医が4月1日に「医療危機的状況宣言」を出してから発令まで約1週間の ...続き

 11日に開かれた厚生労働省の医師の働き方改革の推進に関する検討会では、「医師労働時間短縮計画策定ガイドライン」の骨子案が提示された。同計画の策定は、2021年度から義務化され、22年度に評価機能での ...続き

 日本医師会の中川俊男副会長は19日、構成員を務める厚生労働省の「地域医療構想に関するワーキンググループ(WG)」で、新型コロナウイルス感染症がパンデミック状態にあることを踏まえ、有事にも対応できる余 ...続き

 新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、日本医師会は1日の会見で「医療危機的状況宣言」を出した。横倉義武会長は諸外国の状況を見ると、2週間で死亡者数が急増していると指摘。「現在、われわれが行っている対 ...続き

 秋田県と山形県で診療情報を共有できる新しい医療情報ネットワーク「秋田・山形つばさネット」の運用が4月1日から始まる。秋田県の医療情報ネットワーク「あきたハートフルネット」と、山形県内の4つの地域を結 ...続き