MEDIFAX webトップ > 寄稿 > 医療の「希望」を信じて―米国からの便り

寄稿 医療の「希望」を信じて―米国からの便り

米シカゴ大医学部教授
中村 祐輔

1977年、大阪大医学部卒業。癌研究会癌研究所(当時)の生化学部長などを経て、94年に東京大医科学研究所の分子病態研究施設教授に就任。95~2011年に同研究所のヒトゲノム解析センター長を務め、05~10年には理化学研究所のゲノム医科学研究センター長も併任。11年に内閣官房参与、内閣官房医療イノベーション推進室長を務め、12年4月から米シカゴ大医学部で内科・外科教授と個別化医療センター副センター長を兼任している。

特集・連載 一覧

 日本医師会の新たな会長に中川俊男氏が選ばれたことを受け、自民党の田村憲久政調会長代理ら厚生労働関係議員が29日、本紙の取材に応じた。田村氏は新型コロナウイルス感染症への対応などの課題が山積する中、「 ...続き

 政府の未来投資会議は3日、成長戦略実行計画案を取りまとめた。実行計画案には、新型コロナウイルス感染症への対応という観点も踏まえ、オンライン診療の拡大に関する記載を盛り込んだ。細目を示した成長戦略フォ ...続き

 日本専門医機構の寺本民生理事長は1日、6月30日の理事会で理事長に再任されたことを受けて臨時で記者会見を開き、理事長として第2期に臨むに当たって事務局体制や財政基盤の強化に取り組む考えを示した。30 ...続き

 厚生労働省の「医師の働き方改革の推進に関する検討会」は今夏にも、労働基準法の特例対象となる医師の兼業・副業の管理法など、2024年度からの医師の時間外労働規制の開始に向けた議論を再開させる。25日の ...続き

 日本医師会の中川俊男会長は3日、就任に当たって加藤勝信厚生労働相と厚生労働省で会談し、新型コロナウイルス感染症で打撃を受けた医療機関の経営実態について、緊急調査を実施するよう申し入れた。中川会長は「 ...続き

 茨城県古河市の古河赤十字病院(小山信一郎院長)を含む地域の中核病院3施設が、薬効群ごとに推奨医薬品を共有する「地域フォーミュラリー」の作成で合意したことが分かった。地域の薬物治療を標準化するとともに ...続き