MEDIFAX webトップ > 寄稿 > 医療の「希望」を信じて―米国からの便り > 第11回 「がんプレシジョン医療」、日本で始動へ―患者や家族に生きる希望を

寄稿医療の「希望」を信じて―米国からの便り

第11回 「がんプレシジョン医療」、日本で始動へ―患者や家族に生きる希望を

2018年3月23日 11:30

米シカゴ大医学部教授 中村祐輔 日本でがん対策基本法が成立したのは、12年前の2006年6月16日。その基本的施策は(1)がんの予防及び早期発見の推進(2)がん医療の均てん化の促進等(3)研究の推進等...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

寄稿 一覧一覧

寄稿:医療の「希望」を信じて―米国からの便り一覧