「褥瘡対策の充実が必要」で一致  中医協・入院分科会

2013年6月26日 21:58

 中医協「入院医療等の調査・評価分科会」(部会長=武藤正樹・国際医療福祉大大学院教授)は26日、褥瘡対策の一層の推進と、在宅医療での褥瘡対策が重要との認識で一致した。 褥瘡対策は2002年から診療報酬...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

関連記事

行政 一覧一覧

特集・連載:12年度改定論議・一覧  詳報・中医協  一覧