費用対効果、対象は「薬」と「材料」か  部会が中間整理案了承

2013年11月6日 20:16

 中医協・費用対効果評価専門部会(部会長=関原健夫・日本対がん協会常務理事)は6日、議論の「中間整理案」を了承し、同日の中医協総会に報告した。今後は質調整生存年(QALY)や生存年(LY)などを組み合...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

関連記事

行政 一覧一覧

特集・連載:12年度改定論議・一覧  詳報・中医協  一覧