「実績乏しい強化型」の在り方は  在支診・在支病で中医協総会

2013年6月26日 20:39

 厚生労働省は26日の中医協総会(会長=森田朗・学習院大教授)に、2012年度診療報酬改定で新たに導入した機能強化型の在宅療養支援診療所(強化型在支診)と在宅療養支援病院(強化型在支病)の実績(12年...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

関連記事

行政 一覧一覧

特集・連載:12年度改定論議・一覧  詳報・中医協  一覧