具体例で検討開始、次回以降に医薬品  中医協・費用対効果部会

2013年6月26日 21:44

 中医協の費用対効果評価専門部会(部会長=関原健夫・日本対がん協会常務理事)は26日、具体的な医療技術の事例を基にした検討に入った。池田俊也参考人(国際医療福祉大大学院教授)が、両心室ペースメーカー療...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

関連記事

行政 一覧一覧

特集・連載:12年度改定論議・一覧  詳報・中医協  一覧