【中医協】平均乖離率、約7.6%を報告  談合疑惑の卸6社・国病機構データは除外

2021年12月3日 20:35

 厚生労働省は3日の中医協総会で、2022年度薬価改定に向けて実施した今年9月取引分の薬価調査の結果(速報値)を報告した。平均乖離率は約7.6%で、21年度改定に向けた昨年9月の前回調査から0.4ポイ...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

関連記事

行政 一覧一覧

特集・連載:2022年度診療報酬改定~詳報・中医協一覧