【中医協】外来・在宅の連携評価、方向性は賛成も細部は要検討

2021年10月13日 17:47

 厚生労働省は13日の中医協総会で、2022年度診療報酬改定に向けて、外来医療が困難となった患者が在宅医療に移行する際に、双方の医師が共同で必要な指導などを行う場合を評価することを提案した。委員からは...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

関連記事

行政 一覧一覧

特集・連載:2022年度診療報酬改定~詳報・中医協一覧