MEDIFAX webトップ > 特集・連載 > 控除対象外消費税問題

控除対象外消費税問題

 2019年度与党税制改正大綱がまとまりました。医療の控除対象外消費税問題については、19年10月の消費増税時に診療報酬の配点方法を精緻化することによって「医療機関種別の補填のばらつきが是正されることになる」とされ、問題解決へ一定の措置が取られたとの書きぶりになりました。
 日本医師会は税制や予算を含め、全体で「医療に係る消費税問題が解決」との見解を示しましたが、将来的な消費税率のさらなる引き上げの可能性を考えれば、抜本的な解決にはなっていないとの声もあります。引き続き、関連記事をまとめていきます。

ページ

特集・連載 一覧

 日本病院会の相澤孝夫会長は26日の定例会見で、今月20日の公明党・厚生労働部会のヒアリングで、医師の働き方改革に関する要望書を提出したことを明らかにした。 相澤会長は、医師の宿日直を含む労働時間の取 ...続き

 厚生労働省の医道審議会・医師分科会の医師専門研修部会(部会長=遠藤久夫・国立社会保障・人口問題研究所長)は22日、サブスペシャルティ領域の専門医の在り方について議論し、4月から開始予定だったサブスペ ...続き

 日本病院会の相澤孝夫会長は23日に開いた社員総会で、消費税率10%への引き上げに伴う2019年度診療報酬改定について、早期の検証を求めていくと強調した。19年度改定では補填方法の精緻化が図られたが「 ...続き

 20日の「地域医療構想に関するワーキンググループ(WG)」では、日本赤十字社の田渕典之氏(医療事業推進本部)が参考人として出席し、日赤の地域医療構想への取り組みを語った。課題の一つに「市場縮小局面で ...続き