MEDIFAX webトップ > 特集・連載 > 医療費配分仕切る点数表の番人~医療課長経験者6氏に聞く~

医療費配分仕切る点数表の番人~医療課長経験者6氏に聞く~

 医療費40兆円の配分を巡って医療関係者が一喜一憂する診療報酬改定の季節が今年もまたやってきた。

 中医協を舞台に繰り広げられる、この医療界最大のイベントを取り仕切るのが厚生労働省保険局医療課だ。総勢約80人に上る同課を率いるのが医系技官の医療課長である。

 医療関係者が過去の診療報酬改定を語るとき、必ず出てくるのが担当した医療課長の名前だ。保険局長の名前が枕ことばにつくことはまずない。医療課長の存在感はそれほどに大きい。

 現職の森光敬子医療課長の名前とともに語られることになる2020年度改定論議本格化を前に、過去の診療報酬改定をあらためて振り返る狙いから、医療課長経験者6氏にインタビューし、それぞれが行政当事者としていかに改定作業に取り組み、何を目指したかについて聞いた。

 本連載(7回)では、西山正徳氏(04年改定)、原徳壽氏(08年改定)、佐藤敏信氏(10年改定)、鈴木康裕氏(12年改定)、宇都宮啓氏(14年改定)、宮嵜雅則氏(16年改定)の医療課長経験者に加え、医療側から見た改定経緯について猪口雄二・全日本病院協会長(中医協委員)のインタビューを掲載する。

≫Eブック版はこちらをクリック

特集・連載 一覧

 全国健康保険協会(協会けんぽ)の吉森俊和理事は、2020年度診療報酬改定の答申を受けて本紙の取材に応じ、今改定での導入が見送られた「使用ガイド付き医薬品集」、いわゆるフォーミュラリーについて、標準的 ...続き

 厚生労働省保険局が2020年度診療報酬改定・薬価改定の告示に合わせて3月5日に予定していた自治体関係者向けの改定説明会が、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、異例の中止となった。例年であれば2~ ...続き

 東京大病院が、医師の働き方改革に対応するため取り組んできた「勤怠管理システム」が実用化に向けた試行運用段階に入った。同システムのベースとなる出退勤の打刻や、電子カルテ等から把握できる各種データ、医師 ...続き

 滋賀県は、地域医療構想の実現に向け「重点支援区域」に選定された湖北区域で、500床規模同士の公立・公的病院を含んだ機能再編を加速させる。設置主体の異なる大規模病院が当事者となった機能再編におけるモデ ...続き

 次世代医療基盤法に基づく匿名加工医療情報作成事業者として昨年末に初の認定を取得した一般社団法人ライフデータイニシアティブ(LDI)の吉原博幸代表理事(京都大名誉教授)は17日、じほうの取材に応え、「 ...続き

 東京大病院が、医師の働き方改革に対応するため取り組んできた「勤怠管理システム」が実用化に向けた試行運用段階に入った。同システムのベースとなる出退勤の打刻や、電子カルテ等から把握できる各種データ、医師 ...続き