MEDIFAX webトップ > 特集・連載 > 医療費配分仕切る点数表の番人~医療課長経験者6氏に聞く~

医療費配分仕切る点数表の番人~医療課長経験者6氏に聞く~

 医療費40兆円の配分を巡って医療関係者が一喜一憂する診療報酬改定の季節が今年もまたやってきた。

 中医協を舞台に繰り広げられる、この医療界最大のイベントを取り仕切るのが厚生労働省保険局医療課だ。総勢約80人に上る同課を率いるのが医系技官の医療課長である。

 医療関係者が過去の診療報酬改定を語るとき、必ず出てくるのが担当した医療課長の名前だ。保険局長の名前が枕ことばにつくことはまずない。医療課長の存在感はそれほどに大きい。

 現職の森光敬子医療課長の名前とともに語られることになる2020年度改定論議本格化を前に、過去の診療報酬改定をあらためて振り返る狙いから、医療課長経験者6氏にインタビューし、それぞれが行政当事者としていかに改定作業に取り組み、何を目指したかについて聞いた。

 本連載(7回)では、西山正徳氏(04年改定)、原徳壽氏(08年改定)、佐藤敏信氏(10年改定)、鈴木康裕氏(12年改定)、宇都宮啓氏(14年改定)、宮嵜雅則氏(16年改定)の医療課長経験者に加え、医療側から見た改定経緯について猪口雄二・全日本病院協会長(中医協委員)のインタビューを掲載する。

≫Eブック版はこちらをクリック

特集・連載 一覧

 厚生労働省は15日、入院医療をテーマに議論した中医協総会で、一般病棟入院基本料での重症度、医療・看護必要度について、A・C項目の評価対象の整理を進めることを提案した。入院医療等の調査・評価分科会の議 ...続き

 厚生労働省は12日に開かれた「地域医療確保に関する国と地方の協議の場」の第2回会合で、民間病院データを都道府県に提示する際の基本的な考え方を示した。民間病院データは地域医療を一つのテーブルで検討する ...続き

 厚生労働省は8日、「医師の働き方改革を進めるためのタスク・シフト/シェアの推進に関する検討会」(座長=永井良三・自治医科大学長)で、各種団体などからのヒアリングで医師から既存職種へのタスクシフト/シ ...続き

 医道審議会・医師分科会医師専門研修部会(部会長=遠藤久夫・国立社会保障・人口問題研究所長)は8日、同部会の下に、新専門医制度でのサブスペシャルティ領域の問題について集中的に検討するワーキンググループ ...続き