MEDIFAX webトップ > 特集・連載 > 医療費配分仕切る点数表の番人~医療課長経験者6氏に聞く~

医療費配分仕切る点数表の番人~医療課長経験者6氏に聞く~

 医療費40兆円の配分を巡って医療関係者が一喜一憂する診療報酬改定の季節が今年もまたやってきた。

 中医協を舞台に繰り広げられる、この医療界最大のイベントを取り仕切るのが厚生労働省保険局医療課だ。総勢約80人に上る同課を率いるのが医系技官の医療課長である。

 医療関係者が過去の診療報酬改定を語るとき、必ず出てくるのが担当した医療課長の名前だ。保険局長の名前が枕ことばにつくことはまずない。医療課長の存在感はそれほどに大きい。

 現職の森光敬子医療課長の名前とともに語られることになる2020年度改定論議本格化を前に、過去の診療報酬改定をあらためて振り返る狙いから、医療課長経験者6氏にインタビューし、それぞれが行政当事者としていかに改定作業に取り組み、何を目指したかについて聞いた。

 本連載(7回)では、西山正徳氏(04年改定)、原徳壽氏(08年改定)、佐藤敏信氏(10年改定)、鈴木康裕氏(12年改定)、宇都宮啓氏(14年改定)、宮嵜雅則氏(16年改定)の医療課長経験者に加え、医療側から見た改定経緯について猪口雄二・全日本病院協会長(中医協委員)のインタビューを掲載する。

≫Eブック版はこちらをクリック

特集・連載 一覧

 河野太郎行政改革担当相は27日の会見で、全国知事会の飯泉嘉門会長(徳島県知事)から、医療従事者等に対する新型コロナウイルスワクチンの優先接種を今月23日までに全都道府県で完了したとの報告を受けたと明 ...続き

 福岡県久留米市の聖マリア病院(許可病床数1097床)は8月から、病棟での医師の負担軽減や入院医療の質向上を図るため、専任の病棟薬剤師を26人体制にする計画だ。具体化に向けて昨年12月に、それまでの全 ...続き

 東京都は今月14日から8月25日まで、都内13区域での2021年度の地域医療構想調整会議をWeb形式で順次開催する。新型コロナウイルス感染症の対応で、地域ごとに病院の役割を明確にする必要性が再確認さ ...続き

 3月末、近所のドラッグストアで調剤医療費の一部負担金の支払いをQRコード決済サービス「PayPay」で済ませた東京都内の女性は、スマートフォンの画面を見てうれしくなった。約1600円の支払いに対し、 ...続き