MEDIFAX webトップ > 寄稿 > 規制強化で薄れるMS法人の存在意義

寄稿 規制強化で薄れるMS法人の存在意義

東日本税理士法人公認会計士
長 英一郎

東日本税理士法人公認会計士、税理士。診療報酬請求事務能力認定試験有資格者、介護事務管理士。広島日赤看護大非常勤講師(看護政策論)、36歳。中央大商学部会計学科卒業。
医療法人向けの財務・税務コンサルティングを中心に行っている。主な講演テーマは「医療法人制度改革と社会医療法人」、「財務諸表を読まない経営戦略」など。
著書は「病院管理看護部門 経営塾」、「なるほど、なっとく医療経営Q&A」、「医療法改正で変わる医療法人経営」、「社会医療法人 特定医療法人 Q&A」、「医療経営白書 2006」(共著)、「医療・病院管理用語事典 改訂第3版」(共著)。

特集・連載 一覧

 河野太郎行政改革担当相は27日の会見で、全国知事会の飯泉嘉門会長(徳島県知事)から、医療従事者等に対する新型コロナウイルスワクチンの優先接種を今月23日までに全都道府県で完了したとの報告を受けたと明 ...続き

 福岡県久留米市の聖マリア病院(許可病床数1097床)は8月から、病棟での医師の負担軽減や入院医療の質向上を図るため、専任の病棟薬剤師を26人体制にする計画だ。具体化に向けて昨年12月に、それまでの全 ...続き

 東京都は今月14日から8月25日まで、都内13区域での2021年度の地域医療構想調整会議をWeb形式で順次開催する。新型コロナウイルス感染症の対応で、地域ごとに病院の役割を明確にする必要性が再確認さ ...続き

 3月末、近所のドラッグストアで調剤医療費の一部負担金の支払いをQRコード決済サービス「PayPay」で済ませた東京都内の女性は、スマートフォンの画面を見てうれしくなった。約1600円の支払いに対し、 ...続き