MEDIFAX webトップ > 寄稿 > 規制強化で薄れるMS法人の存在意義

寄稿 規制強化で薄れるMS法人の存在意義

東日本税理士法人公認会計士
長 英一郎

東日本税理士法人公認会計士、税理士。診療報酬請求事務能力認定試験有資格者、介護事務管理士。広島日赤看護大非常勤講師(看護政策論)、36歳。中央大商学部会計学科卒業。
医療法人向けの財務・税務コンサルティングを中心に行っている。主な講演テーマは「医療法人制度改革と社会医療法人」、「財務諸表を読まない経営戦略」など。
著書は「病院管理看護部門 経営塾」、「なるほど、なっとく医療経営Q&A」、「医療法改正で変わる医療法人経営」、「社会医療法人 特定医療法人 Q&A」、「医療経営白書 2006」(共著)、「医療・病院管理用語事典 改訂第3版」(共著)。

特集・連載 一覧

 厚生労働省が新たに「医師の働き方改革の推進に関する検討会」を発足させ、7月第1週にも初会合を開くことが分かった。3月末に報告書をまとめた「医師の働き方改革に関する検討会」の後継組織という位置付けで、 ...続き

 日本専門医機構の寺本民生理事長は24日の定例会見で、来年度の専攻医募集に関するシーリングの方針が固まったことを受け、9月中にも専攻医募集を開始する意向をあらためて示した。また、21日の理事会で201 ...続き

 四病院団体協議会は24日、2020年度予算概算要求に向けた要望書を根本匠厚生労働相に提出した。要望書では、控除対象外消費税問題を抜本的に解決するためには、医療に係る消費税の非課税制度を見直し、「原則 ...続き

 【日医代議員会・答弁要旨】(地域医療構想の検討に当たり)公立・公的医療機関の中で地域住民の信頼を得ていて、かつ民間医療機関と競合していないところは、引き続き、その構想区域の医療を担ってもらわなければ ...続き