MEDIFAX webトップ > 寄稿 > 規制強化で薄れるMS法人の存在意義

寄稿 規制強化で薄れるMS法人の存在意義

東日本税理士法人公認会計士
長 英一郎

東日本税理士法人公認会計士、税理士。診療報酬請求事務能力認定試験有資格者、介護事務管理士。広島日赤看護大非常勤講師(看護政策論)、36歳。中央大商学部会計学科卒業。
医療法人向けの財務・税務コンサルティングを中心に行っている。主な講演テーマは「医療法人制度改革と社会医療法人」、「財務諸表を読まない経営戦略」など。
著書は「病院管理看護部門 経営塾」、「なるほど、なっとく医療経営Q&A」、「医療法改正で変わる医療法人経営」、「社会医療法人 特定医療法人 Q&A」、「医療経営白書 2006」(共著)、「医療・病院管理用語事典 改訂第3版」(共著)。

特集・連載 一覧

 自民党厚生労働部会の「医師の働き方改革に関するプロジェクトチーム」(PT、羽生田俊座長)は20日、医師の時間外労働の上限時間について、具体的な働き方改革の対策を検討・実行した上で、その効果を基に時間 ...続き

 厚生労働省の医道審議会・医師分科会の医師専門研修部会(部会長=遠藤久夫・国立社会保障・人口問題研究所長)は22日、サブスペシャルティ領域の専門医の在り方について議論し、4月から開始予定だったサブスペ ...続き

 国立大学附属病院長会議常置委員会は1日の定例記者会見で、消費税率10%への引き上げに伴う10月施行予定の2019年度診療報酬改定での新点数に基づく試算結果を公表した。設備投資を見送ってきた多くの病院 ...続き

 20日の「地域医療構想に関するワーキンググループ(WG)」では、日本赤十字社の田渕典之氏(医療事業推進本部)が参考人として出席し、日赤の地域医療構想への取り組みを語った。課題の一つに「市場縮小局面で ...続き