MEDIFAX webトップ > 寄稿 > 規制強化で薄れるMS法人の存在意義

寄稿 規制強化で薄れるMS法人の存在意義

東日本税理士法人公認会計士
長 英一郎

東日本税理士法人公認会計士、税理士。診療報酬請求事務能力認定試験有資格者、介護事務管理士。広島日赤看護大非常勤講師(看護政策論)、36歳。中央大商学部会計学科卒業。
医療法人向けの財務・税務コンサルティングを中心に行っている。主な講演テーマは「医療法人制度改革と社会医療法人」、「財務諸表を読まない経営戦略」など。
著書は「病院管理看護部門 経営塾」、「なるほど、なっとく医療経営Q&A」、「医療法改正で変わる医療法人経営」、「社会医療法人 特定医療法人 Q&A」、「医療経営白書 2006」(共著)、「医療・病院管理用語事典 改訂第3版」(共著)。

特集・連載 一覧

 厚生労働省は23日、「医師の働き方改革を進めるためのタスク・シフト/シェアの推進に関する検討会」の初会合を開く。年内に一定の整理を目指す。 厚労省は医師の働き方改革を推進するため、6~7月にかけて約 ...続き

 「再検証が必要な公立・公的424病院」の公表で各地で反発が起きていることを受け、厚生労働省は17日、全国7カ所で実施する「地域医療構想に関する自治体等との意見交換会」をスタートさせた。初日の九州会場 ...続き