MEDIFAX webトップ > 寄稿 > 虎ノ門で考える医療の未来

寄稿 虎ノ門で考える医療の未来

医療介護福祉政策研究フォーラム理事長(元内閣官房社会保障改革担当室長)
中村 秀一

東京大法学部卒業後、1973年に厚生省入省。厚生労働省では大臣官房審議官、老健局長、社会・援護局長を歴任。2008年に厚労省退職後、社会保険診療報酬支払基金理事長に。10年10月から14年2月まで内閣官房社会保障改革担当室長を務め、社会保障制度改革国民会議が13年8月に発表した報告書の取りまとめを事務方として支える。現在は医療介護福祉政策研究フォーラム理事長、国際医療福祉大大学院国際医療福祉総合研究所長。

特集・連載 一覧

 政府の規制改革推進会議医療・介護ワーキンググループ(WG)は7日、オンライン医療の普及促進などをテーマに議論した。出席者からは、学会からの要望を踏まえて検討するのではなく、オンライン診療のあるべき姿 ...続き

 政府は7日の臨時閣議で、新型コロナウイルス感染症対策を盛り込んだ2020年度補正予算案を決定した。厚生労働省の補正予算案は全体で1兆6371億円。このうち6695億円を新型コロナの感染拡大防止策と医 ...続き

 11日に開かれた厚生労働省の医師の働き方改革の推進に関する検討会では、「医師労働時間短縮計画策定ガイドライン」の骨子案が提示された。同計画の策定は、2021年度から義務化され、22年度に評価機能での ...続き

 日本医師会の中川俊男副会長は19日、構成員を務める厚生労働省の「地域医療構想に関するワーキンググループ(WG)」で、新型コロナウイルス感染症がパンデミック状態にあることを踏まえ、有事にも対応できる余 ...続き

 新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、日本医師会は1日の会見で「医療危機的状況宣言」を出した。横倉義武会長は諸外国の状況を見ると、2週間で死亡者数が急増していると指摘。「現在、われわれが行っている対 ...続き

 秋田県と山形県で診療情報を共有できる新しい医療情報ネットワーク「秋田・山形つばさネット」の運用が4月1日から始まる。秋田県の医療情報ネットワーク「あきたハートフルネット」と、山形県内の4つの地域を結 ...続き