MEDIFAX webトップ > 寄稿 > 虎ノ門で考える医療の未来

寄稿 虎ノ門で考える医療の未来

医療介護福祉政策研究フォーラム理事長(元内閣官房社会保障改革担当室長)
中村 秀一

東京大法学部卒業後、1973年に厚生省入省。厚生労働省では大臣官房審議官、老健局長、社会・援護局長を歴任。2008年に厚労省退職後、社会保険診療報酬支払基金理事長に。10年10月から14年2月まで内閣官房社会保障改革担当室長を務め、社会保障制度改革国民会議が13年8月に発表した報告書の取りまとめを事務方として支える。現在は医療介護福祉政策研究フォーラム理事長、国際医療福祉大大学院国際医療福祉総合研究所長。

特集・連載 一覧

 公明党の厚生労働部会と医療制度委員会は17日の合同会議で、社会医療法人雪の聖母会聖マリア病院の島弘志院長らからヒアリングした。島氏は、労働基準監督署からの是正勧告に伴う医師の働き方改革への取り組み内 ...続き

 日本専門医機構は19日の理事会で、来年度の専攻医の1次募集を22日正午から開始することを決めた。19日付で、1次・2次募集のスケジュールなどの情報をホームページで掲載。今後、全国のプログラム統括責任 ...続き