MEDIFAX webトップ > 寄稿 > 虎ノ門で考える医療の未来

寄稿 虎ノ門で考える医療の未来

医療介護福祉政策研究フォーラム理事長(元内閣官房社会保障改革担当室長)
中村 秀一

東京大法学部卒業後、1973年に厚生省入省。厚生労働省では大臣官房審議官、老健局長、社会・援護局長を歴任。2008年に厚労省退職後、社会保険診療報酬支払基金理事長に。10年10月から14年2月まで内閣官房社会保障改革担当室長を務め、社会保障制度改革国民会議が13年8月に発表した報告書の取りまとめを事務方として支える。現在は医療介護福祉政策研究フォーラム理事長、国際医療福祉大大学院国際医療福祉総合研究所長。

特集・連載 一覧

 厚生労働省は14日、「医師の働き方改革に関する検討会」が睡眠時間確保の重要性を踏まえてまとめた、医師の労働時間短縮に向けた取り組みの着実な実施を求める声明を公表した。「『医師の働き方改革に関する検討 ...続き

 自民党と公明党は14日、2019年度与党税制改正大綱をまとめた。医療界にとって最大の焦点だった控除対象外消費税問題については、19年10月の消費増税時に診療報酬の配点方法を精緻化することによって「医 ...続き

 日本専門医機構は、13日に東京都内で開いた第1回記者懇談会で、公募していた事務局長が内定したことを明らかにした。寺本民生理事長、今村聡副理事長、兼松隆之副理事長が、記者からの質問に応じた。 また寺本 ...続き

 亀田グループの社会福祉法人太陽会と南房総市は、人口減少が進む地域での地域医療の再建を掲げた「房総メディカルアライアンス」を発足させた。年内にも首都圏で初めての地域医療連携推進法人として、千葉県から認 ...続き