MEDIFAX webトップ > 寄稿 > 虎ノ門で考える医療の未来 > 第30回 2040年の社会保障の姿と骨太2018

寄稿虎ノ門で考える医療の未来

第30回 2040年の社会保障の姿と骨太2018

2018年7月20日 5:00

医療介護福祉政策研究フォーラム理事長(元内閣官房社会保障改革担当室長) 中村 秀一●骨太方針2018の意義 この原稿の執筆段階ではいわゆる「骨太方針2018」(経済財政運営と改革の基本方針2018)の...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

寄稿 一覧一覧

寄稿:虎ノ門で考える医療の未来一覧