MEDIFAX webトップ > 寄稿 > 現場発“病院改革論”

寄稿 現場発“病院改革論”

済生会神奈川県支部長
現場発“病院改革論”

1975年早稲田大商学部卒業、住友金属工業(現新日鉄住金)に入社。シンガポール事務所、東京本社勤務を経て95年退社。同年、済生会熊本病院事務長に就任、副院長を経て2008年に済生会横浜市東部病院院長補佐。14年より神奈川県支部長に就任。厚生労働省地域医療再生計画に係る有識者会議委員。
横浜市医療政策有識者会議、松戸市病院事業経営計画推進懇話会などの委員を担当。

特集・連載 一覧

 日本病院会は11日、島弘志副会長(中医協診療側委員)を研究代表者とする「重症度、医療・看護必要度Ⅱの計算ソフトの検証」の厚生労働省科学特別研究を6月から開始する予定と発表した。同研究事業には、四病院 ...続き

 神奈川県保険医協会は4日、「新型コロナウイルス感染拡大に伴うアンケート」の第2弾を公表した。緊急事態宣言以降の4月と5月の診療状況を見ると外来患者数や保険診療額が前年同月比で「減少した」との回答が9 ...続き

 日本専門医機構の寺本民生理事長は18日の定例会見で、研究者を継続的に養成していくため専門研修での人数枠の設定についてワーキンググループでの議論を開始したことを明らかにした。40人を想定し、一定の合意 ...続き

 国立病院機構は、2024年度からスタートする医師の時間外労働規制について、141病院全てが時間外労働時間数で年間960時間以内とするA水準を目指す方針だ。働き方改革支援として20年度診療報酬改定で導 ...続き

 政府の新型コロナウイルス感染症対策専門家会議に参画している日本医師会の釜萢敏常任理事は3日の会見で、唾液によるPCR検査が保険適用となったことについて「より幅広い医療機関でPCR検査の実施が可能にな ...続き

 4年前の熊本地震で入院患者の全員を他院へ移す「病院避難」を余儀なくされた医療法人永田会の東熊本病院(熊本県益城町)。町内唯一の一般病院は今は休院状態にある。しかし、法人の医療機能を車で15分ほどの東 ...続き