MEDIFAX webトップ > 寄稿 > 現場発“病院改革論”

寄稿 現場発“病院改革論”

済生会神奈川県支部長
現場発“病院改革論”

1975年早稲田大商学部卒業、住友金属工業(現新日鉄住金)に入社。シンガポール事務所、東京本社勤務を経て95年退社。同年、済生会熊本病院事務長に就任、副院長を経て2008年に済生会横浜市東部病院院長補佐。14年より神奈川県支部長に就任。厚生労働省地域医療再生計画に係る有識者会議委員。
横浜市医療政策有識者会議、松戸市病院事業経営計画推進懇話会などの委員を担当。

特集・連載 一覧

 日本医師会の松本吉郎会長は11日、東京都内で講演し、医療従事者の一層の賃上げに向け、次の2026年度診療報酬改定への対応に意欲を示した。 全国公私病院連盟の創立60周年記念講演会に登壇した。 24年 ...続き

 大阪府医師会の新たな会長に就いた中尾正俊氏は本紙の取材で、重点的に取り組む課題として、地域の医療提供体制の確保を挙げた。今後、医師の働き方改革の影響がどう推移していくかがポイントだと説明。「(改革に ...続き