MEDIFAX webトップ > 寄稿 > 「病医院づくり」の極意―実務ガイド

寄稿 「病医院づくり」の極意―実務ガイド

 
久保田 秀男(一級建築士、久保田設計室代表)

1970年京都大大学院修士課程、1981年UCLA大学院(米国)修了。
1970年より2014年まで日建設計。設計部長、理事医療福祉業務統括担当、顧問ほか。
2003年より2016年まで広島国際大工学部教授ほか。
三田市民病院、町立奥出雲病院、高知県立幡多けんみん病院、木城クリニック、長谷川病院で「医療福祉建築賞」を受賞。そのほか、松下記念病院、大阪市立大医学部付属病院、島根県立中央病院、浜の町病院、北九州総合病院などの医療施設のほか、上野製薬三田研究所、韓国綜合貿易センター、広島県立美術館、岡山聖心教会、特養「愛光園」などを設計。
著書:「患者本位で考える 病院・クリニックの設計」「病院の改築と運営改善のヒント」「患者に選ばれる病院づくり」

特集・連載 一覧

 河野太郎行政改革担当相は27日の会見で、全国知事会の飯泉嘉門会長(徳島県知事)から、医療従事者等に対する新型コロナウイルスワクチンの優先接種を今月23日までに全都道府県で完了したとの報告を受けたと明 ...続き

 福岡県久留米市の聖マリア病院(許可病床数1097床)は8月から、病棟での医師の負担軽減や入院医療の質向上を図るため、専任の病棟薬剤師を26人体制にする計画だ。具体化に向けて昨年12月に、それまでの全 ...続き

 東京都は今月14日から8月25日まで、都内13区域での2021年度の地域医療構想調整会議をWeb形式で順次開催する。新型コロナウイルス感染症の対応で、地域ごとに病院の役割を明確にする必要性が再確認さ ...続き

 3月末、近所のドラッグストアで調剤医療費の一部負担金の支払いをQRコード決済サービス「PayPay」で済ませた東京都内の女性は、スマートフォンの画面を見てうれしくなった。約1600円の支払いに対し、 ...続き