MEDIFAX webトップ > 寄稿 > 「病医院づくり」の極意―実務ガイド

寄稿 「病医院づくり」の極意―実務ガイド

 
久保田 秀男(一級建築士、久保田設計室代表)

1970年京都大大学院修士課程、1981年UCLA大学院(米国)修了。
1970年より2014年まで日建設計。設計部長、理事医療福祉業務統括担当、顧問ほか。
2003年より2016年まで広島国際大工学部教授ほか。
三田市民病院、町立奥出雲病院、高知県立幡多けんみん病院、木城クリニック、長谷川病院で「医療福祉建築賞」を受賞。そのほか、松下記念病院、大阪市立大医学部付属病院、島根県立中央病院、浜の町病院、北九州総合病院などの医療施設のほか、上野製薬三田研究所、韓国綜合貿易センター、広島県立美術館、岡山聖心教会、特養「愛光園」などを設計。
著書:「患者本位で考える 病院・クリニックの設計」「病院の改築と運営改善のヒント」「患者に選ばれる病院づくり」

特集・連載 一覧

 厚生労働省は6日の中医協総会で、回復期リハビリテーション病棟入院料1・3・5を届け出ている病棟で、リハビリテーション実績指数の基準値について実態を踏まえて見直すことを提案した。支払い側は、この提案に ...続き

 全国自治体病院協議会など7団体で構成する全国公私病院連盟(会長=邉見公雄・赤穂市民病院名誉院長)は29日、理事会終了後に初めてとなる定例記者会見を開いた。厚生労働省が9月に公表した「再検証対象424 ...続き

 2日の厚生労働省「医師の働き方改革の推進に関する検討会」では、前回の会合で指摘された、複数の医療機関に勤務する医師に対する追加的健康確保措置も取り上げた。厚労省案に基づいて議論を進めたが、勤務医の副 ...続き

 日本専門医機構の18日の定例会見では、今月8日の医道審議会・医師分科会医師専門研修部会でのサブスペシャルティ領域の専門研修制度に関する議論についての質問が集中した。寺本民生理事長は、新設されるサブス ...続き