薬価下げ財源、本体充当に反対  健保連・白川氏

2013年4月9日 21:31

 診療報酬改定での従来の薬価引き下げ分は改定財源として充当せず国民に還元すべき─。中医協・支払い側委員の白川修二氏(健保連専務理事)は4日の社会保障制度改革国民会議で健保連の立場から提言した。白川氏は...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

関連記事

行政 一覧一覧

特集・連載:12年度改定論議・一覧  詳報・中医協  一覧