急性期の勤務医負担軽減、次期改定も  健保連・白川氏

2013年4月9日 20:51

 中医協・支払い側委員の白川修二氏(健保連専務理事)は、本紙の取材に「近年2~3回の診療報酬改定による勤務医負担の軽減など急性期病院の充実は、十分とは考えていない。特に救急、産科など急性期医療を担う勤...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

関連記事

行政 一覧一覧

特集・連載:12年度改定論議・一覧  詳報・中医協  一覧