MEDIFAX webトップ > 寄稿 > この国の医療のかたち

寄稿 この国の医療のかたち

九州大学名誉教授
尾形 裕也

東京大工学部・経済学部卒業後、1978年に厚生省入省。年金局、OECD事務局(パリ)、厚生省大臣官房、保健医療局、保険局、健康政策局課長補佐、在ジュネーブ日本政府代表部一等書記官、千葉市衛生局長、厚生省看護職員確保対策官、国家公務員共済組合連合会病院部長などを経て、2001年から九州大大学院医学研究院教授。13年から17年まで東京大政策ビジョン研究センター特任教授。13年から九州大名誉教授。

特集・連載 一覧

 日本医師会の中川俊男会長は2日の会見で、新型コロナウイルス感染症の新規感染者数と重症者数が増加していることを受け、医療提供体制の逼迫度は右肩上がりだと警鐘を鳴らした。「これ以上感染者が急増すれば、同 ...続き

 厚生労働省は4日、新型コロナウイルス感染症に関する都道府県の医療提供体制の状況(1日時点)をホームページ上で公表した。重症患者向け病床の確保想定病床使用率が最も高いのは大阪の57.1%(前週比7.7 ...続き

 地域医療構想の実現に向けた重点支援区域の第2弾で選定された、熊本県南西部の天草構想区域では、公立(市立)4病院の機能再編を進める。病床数を現在の4病院計357床から、2025年までに248床にダウン ...続き

 福岡県医師会は1日付で、医師の働き方改革に関する要望書を、自民党の「医師の働き方及びタスクシェア・タスクシフトの在り方に関するPT」で座長を務める羽生田俊参院議員と日本医師会に提出した。新型コロナウ ...続き