MEDIFAX webトップ > 寄稿 > この国の医療のかたち

寄稿 この国の医療のかたち

九州大学名誉教授
尾形 裕也

東京大工学部・経済学部卒業後、1978年に厚生省入省。年金局、OECD事務局(パリ)、厚生省大臣官房、保健医療局、保険局、健康政策局課長補佐、在ジュネーブ日本政府代表部一等書記官、千葉市衛生局長、厚生省看護職員確保対策官、国家公務員共済組合連合会病院部長などを経て、2001年から九州大大学院医学研究院教授。13年から17年まで東京大政策ビジョン研究センター特任教授。13年から九州大名誉教授。

特集・連載 一覧

 日本医師会の新たな会長に中川俊男氏が選ばれたことを受け、自民党の田村憲久政調会長代理ら厚生労働関係議員が29日、本紙の取材に応じた。田村氏は新型コロナウイルス感染症への対応などの課題が山積する中、「 ...続き

 米FDA(食品医薬品局)は現地時間6月30日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の予防ワクチンが承認を受けるために必要な条件などを盛り込んだガイダンスを示した。ガイダンスではワクチン開発に ...続き

 日本専門医機構の寺本民生理事長は1日、6月30日の理事会で理事長に再任されたことを受けて臨時で記者会見を開き、理事長として第2期に臨むに当たって事務局体制や財政基盤の強化に取り組む考えを示した。30 ...続き

 厚生労働省の「医師の働き方改革の推進に関する検討会」は今夏にも、労働基準法の特例対象となる医師の兼業・副業の管理法など、2024年度からの医師の時間外労働規制の開始に向けた議論を再開させる。25日の ...続き

 日本医師会の中川俊男会長は1日の会見で、新執行部の職務分担を発表した。中川会長は「前執行部の機能をさらにリニューアルする、ブラッシュアップする、パワーアップするという3つの視点で考えた」と述べ、役員 ...続き

 茨城県古河市の古河赤十字病院(小山信一郎院長)を含む地域の中核病院3施設が、薬効群ごとに推奨医薬品を共有する「地域フォーミュラリー」の作成で合意したことが分かった。地域の薬物治療を標準化するとともに ...続き